トップページ

中山8日目
11R アレキサンドライト
   ステークス
《上位候補多数の混戦》
 逃げてしぶといエムオーグリッタ・リワードアンヴァル筆頭にアシャカトブ・フォースライン・ブライトンロック・メイショウササユリと現級にメド立っている馬は多い。さらに、昇級組では相手なりに走れそうなテイエムチェロキー・バンブトンハート・フィードバックあたりも軽視できず混戦模様。差せるカナシバリ・グラスブルースも展開の助けあれば食い込み可能。

中山9日目
11R アメリカジョッキークラブ
    カップ
《ブラストワンピース復帰戦》
 一昨年の有馬記念覇者ブラストワンピース。前走の凱旋門賞大敗はショックだったが地力は現役屈指、不安一掃となる走りに期待。対抗筆頭はミッキースワロー。当該コースはセントライト記念勝ちを含む〔2.2.0.0〕。得意舞台で大物食いに挑戦。他にも、昨秋ミッキースワローを退けて重賞制覇のスティッフェリオ、明け4歳の重賞馬ニシノデイジー・ラストドラフトも上位候補。連下でウラヌスチャーム・ステイフーリッシュあたり。グローブシアター・サトノクロニクルは力通用もブランク長く…。

京都8日目
11R 石清水ステークス
《連勝伸ばすドナウデルタ》
 フルゲート16頭に対し、水曜段階で想定29頭。ハンデの優先で出走確実なのは2頭で、まずエルフィンS勝ちがあるアクアミラビリス54。復帰後3、2着。クラス上位の力は示しており、今回も圏内。ジュランビル54も近走崩れがなく、引き続き注目。あとは抽選しだいだが、昨秋復帰後2連勝のドナウデルタ53は要注意。千四ベストの印象で、一気にオープン入りとなるか。ユニコーンライオン55は前走久々のマイル戦でハナ差惜敗。距離短縮で良さが出た形で、千四でも期待。さらに同じ4歳では、骨折明けを2回叩いたウーリリ55も通用の力を秘める。年長馬では、ひと叩きしたワンダープチュック56、決め手あるインスピレーション55あたりが上位候補。

京都9日目
11R 東海ステークス
《連覇なるかインティ》
 昨年のフェブラリーSを制して以降、苦しい競馬が続いていたインティだが、前走のチャンピオンズCではらしい競馬を見せ3着。自分の競馬さえできれば連覇。武蔵野Sでは1番人気に支持されたエアアルマス。砂をかぶった影響もあり11着と大敗したが、位置取りさえ気をつければここでも通用の力はある。ヴェンジェンスは同舞台のみやこSで重賞初制覇。京都千八は条件ベスト、重賞2勝目を狙う。その他では、名鉄杯でレコードを出しているスマハマ、エルムSの覇者モズアトラクション、古豪キングズカードあたりも上位争い可能。

小倉3日目
11R 響灘特別
《力量接近で波乱含み》
 今開催5鞍組まれている2勝クラスのダート千七だが、牝馬限定戦はこれだけ。近走成績では前走2着、積極策で一変したカリーニョミノル、2走前2着を見直すデュアラブルだが、他も力差は感じないカード。前走4、5着ワタシノロザリオ・レッドシルヴァーナは展開ひとつで浮上可能。エイシンムジカ・スズカスマートもこの相手関係なら…。伏兵はダート2戦目アリア、昨夏現級2着レンブランサ、8着とはいえ前走0秒4差フワトロ。

小倉4日目
11R 門司ステークス
《昇級2頭に注目の鞍》
 水曜想定で20頭(フルゲート16頭)。現級常連組はほとんどが前走6着以下。唯一の馬券圏内は3着のクリノフウジン55だが、ハイペースで展開のアシストも大きく、過信は禁物。勢いある昇級2頭に食指が動き、ブルーメンクローネ53はダートに変えて連勝中。時計面の裏づけは乏しいが、母がGT馬の良血で今が充実期。スマートフルーレ52もパワーアップ顕著、集中して走れば3勝クラスでも通用の器。他では、発馬を決めてグアン54の巻き返し、2走前好走ジェミニズ55・ライジングドラゴン55。伏兵は小倉巧者のタガノジーニアス55・タガノファジョーロ54・ナンヨーイザヨイ54。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。