トップページ

中山3日目
11R レインボーステークス
《3歳馬シャルドネゴールドに注目》
 ひと息あいたシャルドネゴールドだが、京都新聞杯3着、前走の勝ちっぷりからも即通用十分。中山も歓迎で連勝機。対抗するのは、2階級降級の前走を快勝したアウトライアーズ。条件ベストの舞台で侮れない。サトノグランはコース変わりがどうかだが、前走はクビ+クビ差の3着。決め手鋭くチャンスはある。さらに、いきなりメド立てたアッフィラート、札幌で好走したギブアンドテイク、ドレッドノータス、再昇級レッドローゼスあたりも差はなく、上位は拮抗ムード。

中山4日目
11R ラジオ日本賞
《末脚確実クインズサターン》
 重賞でも好走続けるクインズサターン。確実な末脚が魅力で中山もOK、OP特別なら勝機は十分か。交流重賞でも崩れないヨシオ。地力強化は顕著、先行力もあり今回も注意は必要。レパードS2着のヒラボクラターシュ。勝ち馬にクビ差及ばずも、後続には3馬身差。充実急で引き続き注目。その他では、条件好転するアルタイル、ダートに戻るアングライフェンに、久々でも侮れないマイネルオフィール、ラテンロックも上位進出を狙う。

中山5日目
11R セントライト記念
《注目は好素質レイエンダ》
 春の実績上位馬もいるが、注目はデビュー3連勝中と底を見せないレイエンダ。ダービー馬の全弟と血統面からも魅力十分、無傷の4連勝で重賞制覇なるか。コズミックフォースは京成杯2着の実績から中山OK。ダービー3着馬の力を見せられるか。皐月賞3着のジェネラーレウーノも中山コース歓迎。ダービーが案外な結果だったが、巻き返し十分。ギベオンはNHKマイルカップの2着馬。GTでも力通用は示したし、距離クリアならここでも上位の圏内。さらに、春のクラシックに出走したグレイル、オウケンムーンに、素質高いブレステイキング、タニノフランケルあたりも差はなく大混戦。

阪神3日目
11R オークランドレーシング
    クラブトロフィー
《上位は力接近ムード》
 現級勝ちがあるのはブライトンロック・マイネルクラース・モズアトラクション。順調さではブライトンロックだが、その点では前走レコードVのアイアンテーラー筆頭にダンツゴウユウ・チュウワウィザードら昇級組の勢いも魅力。好走続けるアンデスクイーン・メイプルブラザーも軽視はできず、落ち着いた頭数でも圏内多数の好カード。

阪神4日目
11R ローズステークス
《混戦模様の秋華賞トライアル》
 オークス1〜5着馬が不在と、例年に比べいくぶん手薄なメンバー。その中でオークス最先着(6着)のサトノワルキューレは直線長いコースは歓迎で今回の中心的存在。次いでフラワーC勝ちカンタービレ、OP特別勝ちオールフォーラヴ、桜花賞4着トーセンブレスあたりが続くが、みな休養明けだけに、一千万クラス連対のウスベニノキミ・ウラヌスチャーム、五百万をレコードで制したサラキアなど今夏の好調馬が付け入る隙もありそう。他にも、重賞2着アンコールプリュ・スカーレットカラー・フィニフティと候補は多い。

阪神5日目
11R 仲秋ステークス
《やや難解なハンデ戦》
 過去実績ではトラスト57・ヤマカツグレース54・レッドアンシェル58が上位だが、ヤマカツグレースは現級勝ち時より斤量1キロ増、降級後もひと息。トラスト・レッドアンシェルはハンデ重く、いずれも絶対的信頼は置きづらい。阪神得意のサフランハート55、前走強敵相手に勝利のテラノヴァ53、ハンデ据え置きレインボーフラッグ56.5あたりを軸にするのも手か。ハンデ妙味の面では、休み明けの前走0秒2差からハンデ据え置きのキアロスクーロ54、昇級勢の中で唯一前走比斤量3キロ減のキーナンバー54がおもしろい。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。