トップページ

中山6日目
11R アレキサンドライト
    ステークス
《圏内多数のハンデ戦》
 同舞台の北総S、仲冬S、招福S出走馬の取捨が鍵になる。北総S2、3着のトウカイエントリー56、クロフネビームス53は近走安定しており、ここも首位候補。クロフネビームスが3着だった仲冬Sで2着のエネスク57は昨春現級勝ち。トップハンデ+前走大敗も見限れない。4着パルトネルラーフ55は次走でハイペースを追いかけ大敗、巻き返しを狙う。招福S4着ブライトンロック54はレパードS4着の実績もあり、ハンデ54は有利か。5、7着の関西馬スマートボムシェル54、イーストオブザサン55も流れひとつ。別路線では、連勝中のフェニックスマーク55に注意。

中山7日目
11R アメリカジョッキークラブ
    カップ
《ゴールドアクター復帰戦》
 昨年の宝塚記念2着以来となるゴールドアクター。メンバー中唯一のGTホースでもあり、得意としている中山コースでは、久々とは言え負けられない戦いになる。武豊騎手との新コンビで必勝態勢。昨秋セントライト記念勝ちのミッキースワローは当該コース2戦2勝と好相性。手の合う横山典弘騎手と得意舞台で重賞2勝目を狙う。昨年クラシック皆勤、大健闘したダンビュライトは前走で準OPを勝利、先週日曜大暴れのMデムーロ騎手を迎え初重賞制覇を目論む。その他連勝中のレジェンドセラー、末脚に要注意のショウナンバッハ、中山で4勝のマイネルミラノあたりまで押さえたい。

京都6日目
11R すばるステークス
《巻き返すコウエイエンブレム》
 目立つのは前走ギャラクシーS組。1番人気で崩れたコウエイエンブレムだが、先行馬には厳しい流れだった。今回は別定戦で斤量56キロ、見直せる。早めに動いて4着に粘ったラインシュナイダー。負けて強しの内容で引き続き注目。ドライヴナイトも展開利があったとはいえOP昇級緒戦で3着好走。得意の京都でさらに前進可能。さらに、ハイペースで逃げたウインムート、好位から伸び切れなかったサウススターマンあたりの巻き返しにも要注意。

京都7日目
11R 石清水ステークス
《力上位クライムメジャー》
 昇級後も大崩れはないクライムメジャー56。安定性高く、現級では力上位を示しており今回も注目。復帰後2連勝中のダイメイフジ55。前走の末脚は強烈、自在性もあり3連勝でOP入りなるか。昨春準OP勝ちがあるエスティタート55。得意の千四に戻り、巻き返しを狙う。さらに、連勝中のレインボーフラッグ55、復調したエントリーチケット53、ひと叩きしたニシノラッシュ56、堅実ロイヤルストリート54あたりも上位を窺う。

中京3日目
11R 中京スポニチ賞
《叩いて前進サトノプライム》
 直近の現級好走馬が少ない組み合わせ。久々・22キロ増を好発進サトノプライム55にさらに前進の期待。スタミナ兼備型、前走で距離の適性も証明した。フォースライン54・レッドアトゥ53はともにワンサイドの勝ちっぷり、昇級でも通用可能。2走前2着を見直すテイエムコンドル54、現級勝ちの実績に着目すればサハラファイター56・スノードルフィン56が浮上。初ダートで一発候補はオリエントワークス52、ハンデ有利コパノビジン51が穴。

中京4日目
11R 東海ステークス
《主役はテイエムジンソク》
 昨年春以降は6戦4勝、前走のGTチャンピオンズCでも勝ちに等しいクビ差の2着だったテイエムジンソク。再度同舞台、相手が大きく楽になった今回は押し切りが濃厚。焦点は相手探しか。OP特別を連勝中のディアデルレイは勢いが魅力。チャンピオンズCはふるわなかったモルトベーネ(13着)、ローズプリンスダム(12着)もこの組み合わせなら馬券圏内十分。中京コース2戦2勝の昇級オールマンリバー、あとはOP特別での好走組スリータイタン・シャイニービーム・クインズサターンあたりだが、あくまで連下候補まで。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。