トップページ

東京5日目
11R 東京スポーツ杯2歳ステークス
《好素質のラインベック》
 素質一番は三冠牝馬アパパネの仔ラインベック。新馬→中京2歳Sはセンス良く余裕の連勝。気難しかった兄2頭とは違い、素直な気性にも好感。新馬勝ち直後の素質馬も複数、ディープインパクト産駒のアルジャンナ・コントレイルは伸びしろを感じさせる。上がり33秒0で差し切ったリグージェも切れ比べは歓迎。前走東京二千の未勝利をレコード勝ちマイネルデステリョ、牝馬でも追って味があるオーロラフラッシュまで馬券圏内か。

東京6日目
11R 霜月ステークス
《最有力はミッキーワイルド》
 2走前の麦秋Sを4馬身差でちぎってから馬が変わったミッキーワイルド56。昇級の前走プロキオンSは高速決着に対応して2着、降した相手にはヴェンジェンス・サンライズノヴァ・マテラスカイと強豪がそろっていた。左回りダートは【2.4.1.0】と崩れなし、久々でも主役。夏の新潟でOP勝ちはストロベリームーン55。こちらも左回りダートは【5.2.0.1】と得意、1F延長も守備範囲。クラス2戦目ゴライアス55、堅実駆けのスマートダンディー56、はまれば鋭いスマートアヴァロン57。見直すドリームキラリ57。

京都5日目
11R アンドロメダステークス
《トリコロールブルーに勝機》
 トリコロールブルー56の前走は直線スムーズだったら…の惜しい2着。引き続きスミヨン騎手騎乗で注目。新潟記念5着以来のフランツ55も好素質。新潟記念の勝ち馬は次走天皇賞で4着好走しており価値は高い。前走重賞組では、前走不発も末脚鋭いアイスストーム54、タイトな展開になってしぶといロードヴァンドール55あたりが圏内。前走OP特別組からはひと叩きした3歳マイネルサーパス53、道悪ならアメリカズカップ55・キョウヘイ55。昇級ジェシー54、障害帰りのケイティクレバー54も京都と相性よく侮れない。

京都6日目
11R マイルチャンピオンシップ
《秋のマイル王決定戦》
 前哨戦を制した馬たちにまず注目。3歳ダノンキングリーは春のクラシック3、2着から距離短縮した前走毎日王冠で古馬を一蹴。ベストの距離千六でGT初制覇を狙う。スワンS勝ちはダイアトニック。主戦場は千四だが、こと京都は5戦全勝。得意舞台ならマイルでも。続く組では、今年の安田記念勝ち馬で春秋マイルGT制覇を狙うインディチャンプ、前走で春の大敗の不安を払拭した素質馬ダノンプレミアムが筆頭。他のトライアル好走組でGT馬のペルシアンナイト・モズアスコットやマイル適性高いレイエンダ・レッドオルガも上位をうかがう。休み明けの前走大敗で評価急落はプリモシーンだが今春ヴィクトリアマイル2着の実績、復調なれば侮れない。同じく前走大敗のアルアインも昨年このレース3着で妙味。

福島5日目
11R フルーツラインカップ
《自己条件なら有力ディバインフォース》
 中心は3歳ディバインフォース55。前走GT菊花賞では16番人気ながらも僅差4着に大健闘。自己条件なら当然有力だろう。同じ3歳のサンアップルトン54は前走が鮮やかな勝ちっぷり。昇級緒戦でも侮れない。古馬では札幌日刊スポーツ杯でディバインフォースに先着しているトロピカルストーム55、巻き返しを狙うドリームスピリット55に注目。ひと叩きしたシャイニーゲール55、4走前に当舞台で圧勝があるニッポンテイオー55、立て直したミルトプレスト56あたりも小差で続き、ハンデ戦らしく圏内は混戦。

福島6日目
11R 福島民友カップ
《安定性高いショーム》
 うまくさばけなかった4走前を除き、大崩れがないショーム。オープン緒戦の前走は千四でも好走したが、当舞台は2戦2勝。コース適性は高く堂々の主役。前走久々の勝利をあげたローズプリンスダム。3歳時には重賞勝ちの実績があり、力発揮なら連勝も十分可能。ジョーダンキングは重賞でも小差。距離短縮は鍵だが、オープン特別なら上位候補だろう。まとめて負かせば底見せていないスワーヴアラミス。特に前走は6馬身差の圧勝、即通用の感触はある。その他では、ひと叩きしたマイネルユキツバキに、クラス2戦目クルークハイトの巻き返しに注意。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。