トップページ

東京5日目
11R 東京スポーツ杯2歳
    ステークス
《出世レースに素質馬集結》
 素質馬多数だが、OPでの実績重視なら野路菊Sの1、2着馬カテドラル、ヴェロックス。位置取りの差が出た印象で2頭に力差はない。デビュー戦も優秀な内容で勝ち上がっており、重賞でも有力。札幌2歳Sの1、2着馬ニシノデイジー、ナイママも参戦。重賞好走の実力は侮れないが、速い時計への対応が鍵。新馬戦から連勝を狙う組からは、当舞台を楽勝したルヴォルグに注目。さらに、引き続きモレイラとコンビを組むダノンラスター、阪神で勝ち上がったディープ産駒ヴァンドギャルド、ゴータイミングに、新潟で好時計勝ちホウオウサーベルあたりも重賞制覇を狙う。

東京6日目
11R 霜月ステークス
《交流重賞2勝サクセスエナジーに注目》
 今春には交流重賞を2連勝したサクセスエナジー57に注目。休み明けをひと叩き、得意の千四+OP特別なら巻き返し十分。アードラー55はOP昇級後も確実な末脚を武器に大きく崩れない。当舞台3着の2走前が好内容、引き続き有力。サンライズメジャー56もダート転向後は3、2、5着と堅実。東京+千四は歓迎で、9歳でも侮れない。その他では、好メンバー相手の前走快勝したダンツゴウユウ54、レパードS4着のドンフォルティス55、前走案外も通用の力あるアキトクレッセント56あたりも上位進出を狙う。

京都5日目
11R アンドロメダステークス
《難解なオープン特別》
 ドレッドノータス55は前走勝利で久々のOP復帰。2歳時に重賞を制した舞台で連勝を狙う。しかし他馬もそう差はなく、近走安定しているショウナンバッハ54や久々サーブルオール55も力は互角。順調さを欠いていたプラチナムバレット57・ミライヘノツバサ56は、ひと叩きで復調なれば侮れない。馬場が渋ればアメリカズカップ56・キョウヘイ55も一気に台頭。

京都6日目
11R マイルチャンピオンシップ
《秋のマイル王決定戦》
 昨年1、2着のペルシアンナイト・エアスピネルは昨年と同じく富士Sを叩いての臨戦、衰えはなく、順調なら今年も上位争い。待ったをかけるのは主に昨年不参加組で、春の安田記念1、2着のモズアスコット・アエロリットも順調なステップで参戦。さらには3歳ケイアイノーテック・ステルヴィオ、距離短縮はよさそうなアルアインなど強力な布陣。前哨戦を制したロジクライ・ロードクエストや今年のヴィクトリアマイル覇者ジュールポレールあたりも無視できず、上位圏内は多数の混戦模様。

福島5日目
11R フルーツラインカップ
《難解なハンデ戦》
 芝の長丁場二六のハンデ戦で、ここを狙ってきた馬も多い印象。夏の北海道二六で好成績はオリエントワークス53・マスターコード55・ブラックオニキス55。洋芝への適性があったのも確かだが、この距離に対しての自信。2年前の2着馬スクエアフォールド56は現級の安定株でマーク。春に現級勝ちのミルトプレスト56は近走ひと息でも、適度に時計のかかる秋開催なら。伏兵は3歳勢、前走のセントライト記念はさばければ…の脚勢だったショウナンラーゼン54、GT馬ゴールドシップの全弟ゴールドフラッグ53の変わり身、昇級でも相手なりのデルマウオッカ54。

福島6日目
11R 福島民友カップ
《中心はヒラボクラターシュ》
 JBC・武蔵野Sとダート重賞が続いた後のOP特別。メンバーが手薄な印象は否めないが、ここなら3歳ヒラボクラターシュのチャンス大。3走前から重賞・OP特別で2、1、4着。安定した立ち回りは魅力、初の小回り千七変わりも歓迎だろう。前走OP特別3〜5着ジュンヴァルカン・コスモカナディアン・エポックが相手候補。昨年のこのレース2着ブライトアイディアはそれ以来の実戦で割り引きが必要か。ダートに戻るハーベストムーン、夏に千七のOP勝ちリーゼントロックなど伏兵も少々。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。