トップページ

新潟1日目
11R 佐渡ステークス
《中心は4歳馬》
 中心は降級の4歳馬か。久々の二千で前進見込めるロイカバード57.5。3歳時はクラシック候補にもなった好素質馬。秋に向けて好レースを期待。昨年3連勝でOP入りしたクリノラホール55。前走は強敵揃いのハイレベル戦、このクラスなら力上位を証明したい。昇級緒戦も2着に好走したケンホファヴァルト56。強敵相手にも崩れなくなった安定性は魅力。他では、復調気配レッドルーファス56、休み明けでも力あるマローブルー54、ひと叩きしたグランドサッシュ55あたりも小差で続く。

新潟2日目
11R アイビスサマーダッシュ
《良血開花フィドゥーシア》
 サマースプリントシリーズの3戦目。注目は韋駄天Sを快勝したフィドゥーシア。5歳になりようやく良血開花の感、連勝の勢いに乗り重賞初制覇を狙う。その韋駄天Sから登録馬多数。2着のシンボリディスコはもちろん、3着レッドラウダ、4着ラインミーティア、6着プレイズエターナルは末脚魅力。決め手勝負なら。昨年2着のネロは当舞台と好相性。スピード能力上位、久々でも侮れない。さらに、CBC賞3着のアクティブミノル、3歳馬レヴァンテライオン、レジーナフォルテあたりも差はなく上位は拮抗。

小倉1日目
11R 薩摩ステークス
《クラス上位馬が集まり混戦模様》
 このクラスでの好走歴がある馬多数。今年現級を0秒3差で快勝したコクスイセン、白川郷S2着のドラゴンバローズは引き続き注目。その白川郷Sで1番人気5着のナムラアラシ、2番人気9着のヒデノインペリアルも巻き返す力十分で要注意。その他では、再昇級になるエポック、マインシャッツ、降級3戦目になるプレスティージオあたりも侮れず圏内は混戦。

小倉2日目
11R 佐世保ステークス
《降級有利オーヴィレール》
 オーヴィレールは前走鞍馬Sでクビ差及ばずの2着。レースレベルを考えてもこの価値は高く、一発で再昇級を決めたいところ。その鞍馬Sで2番人気13着のオールインワンは、自分の競馬ができず基準外の一戦。立て直して再度注目。近況安定しているアレスバローズ。前走の勝ち馬は重賞2着がある実力馬、こちらも準OPなら力上位。他では、昨年3着のウィットウォーター、ややムラ駆けもコウエイタケル、連勝中ダイアナヘイローあたりも上位進出を狙う。

札幌1日目
11R TVh賞
《ハンデ上位馬が主力》
 前走の谷川岳Sは不利も痛かったヒーズインラブ57。降級すれば地力上位、開幕週+小回りでさばきがポイントになる。勢い魅力は連勝中の4歳テオドール56。ルメール騎手とも手が合い、ここでも要注意。新潟の佐渡Sと両にらみだが、こちらに出走ならケンホファヴァルト56は単騎逃げ濃厚で粘り込み警戒。昇級は形だけのジョルジュサンク56とハンデ上位馬が続き、大型の久々ペガサスボス55は気配に注目。ゲッカコウ53は長距離輸送をこなせば…。穴で52キロのハッピーユニバンス。

札幌2日目
11R クイーンステークス
《注目はGT馬2頭》
 GT馬2頭が参戦。3歳アエロリットは今春NHKマイルCを制覇。別定52キロ有利、初の千八が鍵だが、秋の路線を定める意味でもその走りに注目。アドマイヤリードはマイルCの翌週、ヴィクトリアマイルを優勝。馬群を割って出る、勝負根性が光った一戦だった。終い重視の脚質だけに、小回りで立ち回りがポイント。今年に入って重賞2勝マキシマムドパリ、昨年の秋華賞2着パールコード、堅実駆けのクインズミラーグロ、3走前に中山牝馬S勝ちトーセンビクトリーが割って入れるか。伏兵は前走1000万をレコード勝ちクロコスミア、2走前にフローラS2着の3歳ヤマカツグレース。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。