トップページ

東京11日目
11R 欅ステークス
《サンライズノヴァに引き続き注目》
 前走58キロを背負い2着だったサンライズノヴァだが、勝ち馬との2キロの斤量差もあったか。前回負けた馬とは1キロ差になる今回、最上位の実績を見直し。同馬に前走競り勝ったルグランフリソンは斤量1キロ増が鍵だが、昇級後は崩れなく走っており引き続き注意。そのルグランフリソンに2走前当舞台で勝っているレッドゲルニカは千四を狙い撃ち。他にも、好調ダノングッド・ドリームキラリ・ドリームドルチェ・ブルミラコロ・ベストマッチョ、連勝中スマートダンディーと侮れない馬は多い。

東京12日目
10R 日本ダービー
《すべてのホースマンの夢舞台》
 世代の頂点を決める舞台に駒を進めた優駿たちによる、一度きりの大一番。皐月賞が波乱決着だったこともあり、やや混迷ムードが漂う。最大の焦点は、絶対視されていた皐月賞を回避したダノンプレミアム。状態が案じられるが、調教では良い動きをみせており抜かりはないか。皐月賞組からは、エポカドーロ・サンリヴァル・ジェネラーレウーノの上位陣はもちろん、人気に応えられなかったキタノコマンドール・ステルヴィオ・ワグネリアンらも巻き返しへ虎視眈々。別路線では毎日杯を勝ち3戦3勝で挑むブラストワンピースが怖い。王道路線組とは未対戦の魅力も大きい。他では、前哨戦で切符をつかんだゴーフォザサミット・ステイフーリッシュあたりをマークしたい。

東京12日目
12R 目黒記念
《波乱含みのハンデ戦》
 前回覇者のフェイムゲーム59は昨年と同じステップ。重賞6勝の実績からこのハンデもやむなしだが、59キロをどこまで信頼できるかが鍵。他にも、サウンズオブアース58、ゼーヴィント57.5、パフォーマプロミス56、ロードヴァンドール56と、間隔あいた実績馬が多く波乱の余地も。順調度では天皇賞(春)から、地力強化中の5着チェスナットコート56、昨秋当舞台でスワーヴリチャードと小差実績のある13着ソールインパクト54あたりが狙える。昇級組では3連勝中コルコバード53、菊花賞3着のあるポポカテペトル55。軽ハンデなら叩き2走目のリッジマン52なども面白い。

京都11日目
11R 葵ステークス
《圏内混戦の新設重賞》
 今年から3歳限定のスプリント重賞として行われる葵ステークス。小倉2歳S覇者アサクサゲンキは今年緒戦のファルコンSで2着と好発進。ベストの千二で重賞2勝目なるか。ひと息入ったアンフィトリテはデビュー3連勝中。前走は先行抜け出しと自在性もあり、重賞初制覇を狙う。さらに、橘Sを勝ったマドモアゼル、得意の千二で巻き返したいアンヴァルに、出走なれば前走好時計勝ちトゥラヴェスーラ、千二歓迎モズスーパーフレア、無敗のエイシンデネブ、マーガレットS2着オージョーノキセキあたりも上位の圏内。

京都12日目
10R 安土城ステークス
《賞金加算狙うモズアスコット》
 モズアスコット56.5は来週の安田記念が除外対象でこちらへ。GTでも見劣らない力量があり、ここは確実に賞金を加算したい。ダイメイフジ55は2走前のオーシャンSで3着好走。前走大敗も今回は準OP圧勝の舞台、巻き返し必至。重賞勝ちがあるカラクレナイ54、ミスエルテ53の牝馬2騎はレースぶりからも復調ムード。久々の勝利なるか。さらに、ひと叩きしたコウエイタケル54、ボンセルヴィーソ54も差はなく続き、欅Sと両睨みのトウショウドラフタ56も出走してくれば侮れない。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。