トップページ

中山6日目
11R セプテンバーステークス
《自己条件ならタマモブリリアン》
 前走オープンでも3着に好走したタマモブリリアン54。今回は初の中山だが、準オープンなら力上位は明らかで中心。北九州短距離Sがクビ差の惜敗だったアドマイヤナイト54。当舞台での勝ち鞍もあり、適性は十分。前走そのアドマイヤナイトに0秒1差だったニシオボヌール55。昇級後も着順ほど負けておらず、侮れない存在。その他では、ひと叩きしたスマートカルロス56、芝適性あるモルジアナ55、末脚強力なパラダイスガーデン52あたりも上位を窺う。

中山7日目
11R オールカマー
《タンタアレグリア好発進なるか》
 約8ヶ月ぶりの実戦でも注目はタンタアレグリア。前走で休み明けを苦にしないことを証明。菊花賞・天皇賞(春)で4着もある実力馬、飛躍の秋へ好発進なるか。今年も大阪杯2着とGTで好走、実績最上位のステファノス。久々がどうかだが、いい結果を出したいところ。夏に使ってきた組から注目はモンドインテロ。鋭い決め手で札幌日経OPを連覇、使った強みで初重賞制覇を狙う。さらに、天皇賞(春)5着のアルバート、昨年3着のツクバアズマオー、巻き返したいルージュバック、デニムアンドルビーの牝馬勢も侮れない。

阪神6日目
11R 大阪スポーツ杯
《安定性高いサトノファンタシー》
 同距離の桶狭間S上位組に注目。1番人気2着のサトノファンタシーだが、後続には2馬身半の差。勝ち馬はその後OP特別を快勝した実力馬だった。安定性の高さが魅力で今回も有力。4着のダノンフェイスだが、3歳時にはOPでも勝ち鞍がある実績馬。得意の阪神コースで逆転を狙う。その他では、休み明けでも堅実なカネトシビバーチェ、連勝の勢いあるテイエムチェロキー、巻き返し狙うエルフィンコーブ、サクラフローラあたりも差はなく圏内混戦。

阪神7日目
11R 神戸新聞杯
《ダービー馬の秋緒戦》
 休み明けの皐月賞を叩いて臨んだ日本ダービー。早め先頭から見事に制したレイデオロがここから始動。同世代のライバルにその実力を示せるか、注目の秋緒戦。逆転を狙うのは、春のクラシック未出走のキセキ。毎日杯3着後、夏に復帰し現在2連勝中。上がり32秒9の末脚で楽々突き抜けた前走内容からも、重賞制覇の期待が高まる。さらに、春のクラシック出走組から重賞2勝のカデナ、皐月賞3着・ダービー6着のダンビュライト、ダービー4着のマイスタイルに、重賞でも好走歴あるサトノアーサー、ベストアプローチあたりも上位進出を狙う。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。