トップページ

東京7日目
11R キャピタルステークス
《3歳勢VS実力古馬の構図》
 今年のクラシックに出走した3歳馬と歴戦のマイラーがぶつかるこのレース。そんな中でも注目は初距離となる3歳ダイワキャグニーか。ダービー以外では東京コースで安定した走り。前走で古馬とも対戦済みで、休み明けを叩かれた上積みも見込める。他にもスプリングS2着のアウトライアーズ、昨年2歳チャンピオンのサトノアレスが控える。対する古馬からは今春マイル重賞勝ちのロジチャリス、復活を期す実績馬ダノンプラチナ・ロードクエスト、安定性が魅力のダノンリバティ・マイネルハニーと実力馬が顔を揃え難解な一戦。

東京8日目
11R ジャパンカップ
《有終へ向けキタサンブラック》
 前走天皇賞(秋)を制し、GT6勝目を飾ったキタサンブラック。引退を予定されている有馬記念共々一戦も落とせない戦いが続く。不良馬場で激走した前走の反動がどうかだが、すべてを跳ね除け最強馬の証明なるか注目。天皇賞(秋)でキタサンブラックに肉薄したサトノクラウンを筆頭に、昨年このレース2、3着で悲願の初GT制覇を狙うサウンズオブアース・シュヴァルグラン、今年の牡馬・牝馬3歳世代の頂点に立ったレイデオロ・ソウルスターリングなど豪華メンバー集結。対する外国馬は、ムーア騎手&オブライエン厩舎タッグのアイダホ、2年連続の参戦になる昨年7着イキートス、そのイキートスを2戦続けて破り勢いに乗るギニョールらが参戦。

京都7日目
11R ラジオNIKKEI杯
    京都2歳ステークス
《主役はタイムフライヤー》
 新馬戦では後の重賞勝ち馬に敗れたタイムフライヤーだが、そこから2連勝。特に前走萩ステークスは4馬身差の圧勝劇、重賞のここでも主役の存在。未勝利戦、紫菊賞と連勝中のマイハートビート。ここまで戦ってきた相手も強敵揃い、再度の京都二千で重賞制覇を狙う。さらに、同舞台の新馬戦を勝ってきたグレイル、黄菊賞僅差2着のケイティクレバー、巻き返し図るシスターフラッグあたりも侮れない。

京都8日目
12R 京阪杯
《ソルヴェイグが重賞3勝目狙う》
 スプリンターズSは除外も、オパールSを快勝したソルヴェイグに注目。連勝を決め、重賞3勝目をあげたい。近況不振の春の短距離王者セイウンコウセイだが、京都千二は得意舞台。まだ見限れず、復活の期待。千二の条件戦を連勝して再昇級のアットザシーサイド。もともと桜花賞3着がある実力馬、一気の重賞制覇でも驚けない。さらに、スワンS好走のヒルノデイバロー、ビップライブリー、ひと叩きしたジューヌエコール、巻き返し狙うメラグラーナあたりも差はなく上位は拮抗。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。