2018.12.03 UPDATE

宮崎弘貴
カイザースクルーン
1日中山9レース  5着(3番人気)
 今回は帰廐するのが少し遅く、いつもは追い日3本のところが2本しか追えなかった。その影響か馬体重はプラス14キロと見た目にも腹回りはかなり太かった。それでもレコード決着のなか先行勢で唯一掲示板確保は上出来。続戦かひと息入れるかはわからないが、次走の方が良い状態で出走してくるのは間違いないだろう。



山口瞬
フォレブルート
1日阪神6レース  1着(1番人気)
 好スタートから無理する感じではなくスピードの違いでハナへ。直線手前で仕掛けられるとあっという間に後続を突き放しての完勝。まだ全力で走っている感じではなかったし、昇級しても楽しみな存在だ。



中西友馬
デアフルーグ
2日中山5レース  1着(1番人気)
 五分のスタートから、道中は好位集団での追走。4角では周りが盛んに手を動かしている中、1頭だけ抜群の手ごたえ。残り200m手前で先頭に立つと、あとは突き放す一方で9馬身差の圧勝だった。土日で行われた2歳未勝利がともに1分56秒台であったことを考えても、1分54秒7で後続が離れたのは当然か。厩舎ゆかりの血統で兄弟には活躍馬が多数。少なくとも500万クラスに壁は感じない。