2019.08.19 UPDATE

山口瞬
パラーティウム
18日札幌12レース  3着(3番人気)
 久々の芝となった今回だったが、2番手で運ぶと直線では先頭に立つ場面も。最後は後続の末脚に屈したが、先行勢が粘りを欠く中しっかりと走れており、悲観する内容ではなかった。洋芝も合っていた印象だし、中1週+開催最終週の馬場でどうかだが、十分このクラスを突破できる能力は持っているはず。



中西友馬
コウキチョウサン
18日新潟1レース  6着(3番人気)
 オジュウチョウサンの全弟ということで注目の入障戦だったが、無難に回ってきた印象の6着。ただ、慎重だったとはいえ飛越自体は悪くなかったし、平地力も兄と同等にはあるので、前途は明るい。兄が障害2戦目で一変して2着(初障害は13.7秒差の14着)したのを考えても、次が狙い目か。



岐部泰佑
コバルトブルー
18日札幌2レース  1着(2番人気)
 キャリア2戦のレースぶりから距離延長で期待された一戦。これまでと同様に手ごたえは他の有力馬より早めに怪しくなったが、追って追ってしぶとく伸び、終わってみれば2馬身半差の完勝。やはり長距離の適性は高かった。長距離のダート戦は番組が限られてくるが、そこへ出走してくれば次走は昇級でも楽しみは十分にある。