2017.04.24 UPDATE

滝沢克明
ブルベアレオバード
22日京都2レース  6着(14番人気)
 大きく出遅れ、芝・ダートの切れ目でジャンプは今の時季の初出走のお定まり。たいていはそのまま後方追走で終わるものだが、三角から上がっていき、直線では外から気持ち良さそうな走りで迫ってきた。上位陣の上がりが38秒台だったのに対し、36秒9は一頭突出の数字。ゴールドアリュールで母方アフリートなら、穴ムードもプンプン。追いかけて損なし。



宮崎弘貴
ワンアフター
22日福島10レース 5着(5番人気)
 今回が千二戦2度目。スタートは半馬身遅れぐらいでこの馬としては許容範囲。そこからやる気満々で2番手まで上がったのは想定外。直線半ばまではいい感じで走っていたが、さすがにラストは垂れてしまった。しかしスプリント適性はやはり高いと思わされた。次走も見限れない。



山口瞬
ポイントブランク
22日東京11レース 3着(10番人気)
 2度目の東京千六での一戦。1頭大逃げしていたので離れた2番手集団で追走すると、直線に向いてからは追い出すのを待つほどの手ごたえで先頭へ。さすがに最後は差してきた2頭にかわされたが、あのペースで先行していたことを考えるとなかなか強い競馬だったと思う。まだ東京開催でのダートOPの番組があるのでもちろん注目なのだが、以前千七で結果を出していただけに夏の北海道シリーズもおもしろいのでは。