2019.06.24 UPDATE

山口瞬
ケープコッド
23日函館5レース  2着(2番人気)
 まずまずのスタートを切って道中は好位で良い感じで運べたが、4コーナーから直線にかけて前が壁になってしまい、追えたのは最後の1ハロンだけ。その間につけられた差を捕らえるまではいかなかったが、センスの良さは感じさせる走りだったし、次はきっちり決めてくれるだろう。



中西友馬
スーパーフェザー
22日東京10レース  3着(1番人気)
 新馬戦以来の千八だったが、流れに戸惑うことなく好位を確保。終始勝ち馬を前に見る形でレースを進めていった。しかし、直線で追い出してから前との差は広がっていき、最後は2着馬にも交わされての3着。上位2頭とは道悪の巧拙の差が出た印象だが、やはり距離は二千までのほうが良さそう。常に人気するタイプではあるが、良馬場でもう一度信じてみたい。



岐部泰佑
フクノナルボンヌ
22日函館1レース  3着(8番人気)
 ダート2戦で芽が出ず芝へ矛先を向けた今回。除外の影響で1週調整が進んだとはいえ決して万全のデキではなかったが、立ち遅れぎみのスタートから半ば強引にハナを切ると、先行勢総崩れのハイペースをゴール寸前まで粘る好内容。しっかりと変わり身をみせた。まだ在厩しており、同条件で続戦ならフロック視は禁物。