2017.01.09 UPDATE

滝沢克明
ラインスピリット
7日京都11レース  3着(9番人気)
 いつも通り行く構えで出むちを入れたが、横に7頭並んだ先陣争いで遅れを取り、そのままダウンのケース。ところが直線では併せた馬を振り切り、先に抜けた2着馬に迫る脚いろ。もともとラップ的にも終い伸びる可能性は秘めていた馬。58キロでもあり、この一戦が禍転じて…となるようなら、常に一発を考えたい伏兵に躍り出る。後半で末を伸ばす新潟の千直は特に良さそうだ。



宮崎弘貴
バスタータイプ
7日中山11レース  5着(3番人気)
 昨年のマーチS以来、約9カ月ぶりの実戦。調教の動きからは、まだ本来の動きのキレにはないと感じたが、一昨年暮れからの中山でのパフォーマンスが素晴らしかったので、地力に期待しての本命。ただスタート後に躓いてまさかの最後方。しかも逃げ馬が勝つ緩い流れ。そこを5着まで差してきた内容は負けて強し。叩いた次走は順当に勝機だろう。



山口瞬
ルネイション
7日中山12レース  12着(1番人気)
 好位のインでじっくり脚をためて、あとは突き抜けるだけという4コーナーでの雰囲気。しかし直線で全く前が開かず何もできなかった。初のマイル戦の流れにも対応できていただけに非常にもったいない1戦ではあったが、力を出し切っていないぶんおそらくダメージは少ないと思う。普通に走れれば500万は楽に通過するだけの力はあるだけに、次走で人気でも素直に狙いたい。