2018.06.18 UPDATE

宮崎弘貴
シヴァージ
17日東京10レース  1着(2番人気)
 新馬勝利時に当欄で取り上げた馬。その後のパフォーマンスは少し物足りなさを感じていたが、まだ馬が若く全能力を出しきれていなかったよう。ブリンカーを着けて臨んだ今回が楽々抜け出す完勝。ユニコーンSを圧勝したルヴァンスレーヴとコンマ2秒差の勝ちタイムで、こちらに回ってきても2着相応の記録。例年のユニコーン、青梅特別と比べてもかなり速い部類。距離の融通も利くし、やはりかなりの素材だ。



山口瞬
サトノキングダム
16日東京9レース  9着(4番人気)
 元々二の足が速くない馬ではあるが、久々のマイル戦で位置取りが最後方になってしまった。直線では自分の脚は使っていたものの、あの流れではあそこまで差を詰めるのが精一杯だった。2勝目を挙げてからもどかしい競馬が続いているが、素質からもここで終わるような馬ではないと思うので、もう少し追いかけてみたい。



中西友馬
ハイヒール
17日東京12レース  3着(8番人気)
 ゲートの中で少し駐立の悪いところを見せたが、スタートは五分で道中は中団のインを追走。直線で追い出されるもエンジンのかかりが遅く、外からかぶされて行き場をなくしてしまう。それでも外に出されると鋭く伸びて上位2頭と僅差の3着。脚を余した印象でもったいないレースだったが、降級馬3頭を含む骨っぽいメンバー相手にこれだけの走りができれば十分か。次走はどこを使うか分からないが、新馬戦の走りを見ると北海道でも良さそう。