2017.09.25 UPDATE

宮崎弘貴
ジュンパッション
23日中山5レース  5着(11番人気)
 好スタートと内枠を利して先団の好ポジションを確保したが、勝負どころの四コーナーではムチが入って仕掛けが遅れ、直線も伸びずバテずといった感じになってしまった。調教の段階から速いペースでやりだすと少しモタつくシーン。それでもしぶとさは見せていた。血統や馬体の雰囲気は良いだけに、勝負どころのモタつきをカバーできるダートなら変わり身があっておかしくない。



山口瞬
スズカグラーテ
24日中山12レース  2着(1番人気)
好スタートから逃げ馬を見る形で絶好のポジションを取って、直線では完全に抜け出したが今回は相手が悪かった。休養を挟んで力をつけてきた今なら東京でもいいパフォーマンスを見せられると思うし、もう順番が回ってきていいはず。



中西友馬
チャロネグロ
23日中山9レース  3着(2番人気)
 いつも通りの後方待機策。3角手前から押して上がって行き、4角では大外へ。直線の伸びは一瞬前を捕らえる勢いにも見えたが、最後は脚色鈍って僅差の3着。3ヵ月の休み明けということを思えば、及第点と言える結果だろう。使える脚が短く東京では結果が出てない点は気になるが、冬の中山で狙いたい1頭だ。