夏の大一番
2019/08/23 更新
 札幌記念当日は普段より1時間早い8時開門。その日は調教当番だったので"開門ダッシュ"の様子を記者席から眺めていましたが、皆さんこの日を楽しみにしていたのが伝わってきます。勝ったブラストワンピースは密集する馬群の狭いところを割って伸びてくる強い内容。3ヶ月ぶりの実戦でしたが当日の馬体重はマイナス2キロと体は仕上がっていて、鞍上の好騎乗も光りました。2着に敗れた昨年の覇者サングレーザーはこれで負けたら仕方ない…といえるくらい完璧な立ち回り。適度にレースが流れて折り合いがついたのも好走要因でしょう。1番人気に支持されたフィエールマンは外を回る安全策をとったがゆえに届かず3着止まり。ただ次走予定している凱旋門賞に向けての前哨戦と考えれば上々の滑り出しといえるのでは。終わってみれば1〜5番人気馬が掲示板を占める堅い決着。秋の大一番に向けて実力馬たちが力通りのパフォーマンスを発揮した形となりました。

 さて、今週の注目馬は日曜9Rに出走するミモザイエロー。今回は待望の距離短縮。稽古の動きもよく、ここは確勝級!