日刊競馬トップページ

日刊競馬紙面紹介




本紙の見解 日刊競馬を代表する予想である“本紙予想”。本命馬(=◎をつけた馬)を推奨する根拠を中心に解説します。レースのポイントとなるのは何か、なぜ本命なのか。皆様が納得できる答えを用意いたします。文末のレース短評も忘れずにご覧下さい。
※平場・特別・重賞・GIと4種類の大きさがあり、文章量が変わります。
本紙連番 本紙の予想連番は、9頭立て以上の場合、馬単と枠連を掲載しています。3連単発売レースは、フォーメーションで分かりやすく買い目を示してあり、レース短評が馬券に反映されるとどうなるかが良くわかります。3連単初心者や難しくて手が出しづらい方は、まず本紙の見解を読んで、納得した上でここのフォーメーションをそのまま購入することをオススメします。
本紙厳選2頭 本紙予想担当・飯田正美が、特に選んだ推奨馬。2頭に絞って、8面上に掲載。日刊競馬信頼度No.1の予想にご注目ください。ローカル版では「今日の勝負どころ」になり、開催競馬場チーフTMが担当します。
柏木集保の
レース解説
柏木集保が重賞・特別レースを囲み記事で解説。メインレースは1面上にカラー顔写真つきで大きく掲載します。ひと味違う予想を馬券作戦にお役立てください。このコーナーの特色は、連番の他に『単』と『複』があること。柏木の馬券に対する姿勢、勝負師としてのこだわりが見え隠れします。注目してください。
データ ベテランファンにはおなじみ、日刊競馬が誇る伝統のコーナーです。過去の実績、最近の成績、攻め馬状態、距離・コース適性、ハンデ有利…。レース検討の際に重要と思われる項目の上位5頭を示します。出走馬の相対評価なのでわかりやすく、馬券検討に直結しやすいので、このコーナーだけで馬券購入している人もいるほどです。
スタッフ予想 馬柱予想者6人以外のTM・記者の予想欄。大・小の2種類があり、“大”では予想・能力指数・脚質のほかに、馬ごとの騎手の騎乗成績、クラス成績、連対馬体重を掲載。見逃せないデータばかりです。気になった所にはまず赤丸を。また、とんでもない馬に◎を打ってあるスタッフがいたら、その人のコラムをチェックしましょう。とっておきの情報が載っているかもしれません。
※このコーナーはトラックマン氏名が2文字表示となっております。ご注意を。“久保→久保木”“小木→小木曽”
TMイチ推し 出走全馬に中間の調教タイムを掲載。同時に調教メモと評価で各馬の調子を判定します。また、一番状態がいいと思われる馬をピックアップ。プロの目から見た「イチ推し」馬を掲載します。
レースのポイント 検討するレースの全体像をひと目で知りたい人は、ここを読んでください。本命以外の注目馬はもちろん、騎手、展開、血統、各馬のデキなど、状況に応じて様々なヒントを提供します。他紙には見られない「日刊競馬」の売りのひとつです。
編集長の競馬 日刊競馬のメイン解説者である柏木集保の名物コラム。もっと競馬を知りたい貴方、レースを多角的な観点で捉えたい貴方。これを読めば、きっと満足していただけるでしょう。一部ファンを虜にしている柏木ワールド、どっぷり漬かってみよう。
グリーンチャンネル解説者 グリーンチャンネル出演でおなじみのトラックマン、桧原正行・黒津紳一がメインレースを中心に1日1〜2レースを解説。中堅からベテランの域に入った2人。練度の高い予想にご期待ください。
これを買う 編集責任者・滝沢克明から若狭有菜が受け継いだこれを買う。女性ならでは視点で推奨。
トラックマンの
推奨馬
3人のトラックマンが2頭ずつ推奨馬を挙げます。時計班(調教タイム採時担当)・想定班(厩舎回り担当)が、それぞれの視点から妙味ある馬を狙います。
血が駆ける 不滅の足跡を残し、日本を代表する血統評論家である山野浩一氏。日刊競馬とは、かれこれ30年以上のお付き合いになります。経験に裏打ちされた血統解説に注目です。
◆山野浩一〈やまのこういち〉
90年「サラブレッドの誕生」でJRA賞馬事文化賞受賞。
競馬人情 作家の吉川良氏による人情味あふれるコラムです。登場人物は、身近な競馬ファンが中心で、御自身の感情や馬券予想も披露。作家ならではの文章に、きっと貴方も引き込まれることでしょう。
◆吉川良(よしかわまこと)
78年「自分の戦場」ですばる文学賞受賞。
99年「血と知と地」でJRA賞馬事文化賞受賞。
特別レース
過去5年
重賞・特別レースにおいては、過去の傾向も重視すべきです。簡潔に過去5年の1着・2着馬とタイム・配当が分かるコーナー。意外なヒントが隠れているケースがあり、ぜひご活用ください。
外来ジョッキー 短期免許騎手、地方騎手、外国人騎手が騎乗する場合は、7面上のこの欄で紹介します。活躍が目立つJRA所属外のジョッキー。馬券作戦に大いにお役立てください。
かわら版 8面上のピンクが目印! 旬の話題を柔らかく解説しています。馬券に直接関係ないこともありますが、意外なヒントが隠れていることもあります。必読ですよ。
ラストチャンス 東主場の最終レースは、ダメ押し、一発逆転など、様々な思惑が交錯します。そんな迷える貴方に力強いアドバイス。混戦の中から軸馬を選び出し、的中へ導きます。(担当記者・若狭有菜)
最後の切り札 西主場の最終レースで好配当を取りたい人は全員集合! このコーナーは常に穴狙い。軸馬から3〜5頭に流していますが、あえて馬券種別は明記していません。ワイド・馬連から3連単まで、最後はフトコロにあった馬券で勝負です!勝ち組になりましょう!穴をアケるのはここの馬!(担当記者・樋口祐介)
データ室
(重賞・特別レース)
重賞・特別レースを過去5〜10年の結果からズバリ分析。人気やムードに惑わされることなく、冷静な(?)決断は時として大きな穴の的中も…。07年大波乱になったNHKマイルCではまったくの人気薄ピンクカメオをピックアップ、馬単8万5000円が当たっていました。
発見!スゴイ馬 大穴から超本命まで自在の攻めでヒット連発の小木曽TMが、ある時は調教から、またある時は自分の敗戦の経験とデータを生かして見つけた穴馬を推奨するコーナー。特に逃げ馬が好きというキャラにも注目です。
地味がなんだ当たればOK!
『複勝ころがし』
穴はいらない、とにかく当たるヤツ、儲かるヤツを教えろ! という方はこちらをどうぞ。ころがさなくても当たればOK!。

これで決まり! 編集部デスク大川浩史が、独自の視点で狙い馬を推奨。人気馬を一刀両断、ズバリ1点予想など思い切りの良さがウリ。読む人によって、好き嫌いがハッキリ分かれる個性派コラム。あなたはどちら?


日刊競馬トップページ   
株式会社日刊競馬新聞社 東京都品川区大崎1-10-1