horse
horse

次回の狙い馬

NEXT HORSE TO BET ON

過去12週間の狙い馬リスト

永野暁太郎TM

キョウエイカンフ

2024-04-13 中山12レース
6着(7番人気)
 テンに行けず、いつも通りの後方策。前半3Fが34.7秒と緩い流れで、前々で運んだ馬が上位を独占する厳しい展開。それでも大外から素晴らしい末脚を見せて6着まで迫っており、改めて終いの安定感を示した。展開待ちな脚質ではあるが、クラス突破の地力はあるので今後も注目していきたい。

廣中築究TM

ツキノサクラ

2024-04-13 福島2レース
8着(7番人気)
 今回が初出走。調教の動きは軽快だったが、返し馬では終始頭が高くスタートは案の定出遅れ。しかし最後は良い脚力を見せて8着まで追い上げた。初戦で競馬を覚えさせるという意味では内容は決して悪くなく、次走以降も追いかけていきたい。

岐部泰佑

ジュンツバメガエシ

2024-04-13 福島8レース
5着(1番人気)
 1年1ヶ月ぶりの実戦でも太め感なく、仕上がりはまずまず。五分のスタートを切って好位からレースを進めたが、超久々に加えて緩みのないペースだったこともあり、終いはピリッとした脚は使えず。とはいえ、流れ込む形で勝ち馬とは0秒2差と、ブランクを思えば上々の滑り出し。叩いた次は中身が違う。

永野暁太郎TM

ゾンニッヒ

2024-04-07 福島11レース
6着(2番人気)
 好スタートも枠の並びで中団追走。開幕週でイン前が圧倒的に有利な中、終始外を回される苦しい展開。距離ロスが響いてゴール前は脚いろが鈍ってしまったものの、一瞬は伸びてきそうな脚を見せていて地力は示した。次走の巻き返しに期待。

岐部泰佑

ハピネスアゲン

2024-04-06 福島10レース
5着(5番人気)
 いつも通り、道中は後方待機策。4コーナーでは進路確保のため外の馬を弾くような形になり、複数回にわたって接触。直線は大外へ持ち出せたがスムーズなレース運びとはいかず、開幕週の内有利な馬場にも泣かされた。ただ、馬場も展開も向かなかった中での小差5着は内容が濃く、クラス上位の末脚を改めて示した。極端なバイアスのない馬場なら次は勝ち負け。

廣中築究TM

ボンドガール

2024-04-06 中山11レース
2着(1番人気)
 阪神JFを回避、桜花賞を除外と不運が続いたが中間は抜群の動き。久々もあって少し行きたがる場面もあったが概ね折り合い面もクリア。2着に敗れたものの最後は内外の差。優先出走権も取り賞金も加算できた。体調面も更に上向けばGIの舞台でも期待できるはずだ。

岐部泰佑

アルナシーム

2024-03-30 中山11レース
9着(9番人気)
 課題だった折り合い難はすっかり良くなり、道中はリズムを保って末脚温存。ただ、稍重馬場のスローペースで、4コーナーではしんがり16番手。直線も一番外を回っては届かないのも無理はない。上がりはメンバー中2位と自身の脚は使えており、今回は展開に泣かされた。位置も取れるようになってきているし、フラットな馬場なら十分見直せる。

廣中築究TM

コンテソレーラ

2024-03-30 中山1レース
1着(1番人気)
 直前追い切りではソールオリエンスと併せて迫力満点の動き。ゲートはゆっくり。向正面から進出して3~4コーナーでは前の馬を交わすだけの態勢、最後はきっちり凌ぎ切っての勝利。ダートで勝ち上がったがもう一度芝で見たい1頭。

岐部泰佑

ディーエストッキー

2024-03-23 中京2レース
5着(3番人気)
道中は枠なりに外を回る展開も、追走のリズムはいい感じ。しかし、少し反応の鈍い部分があるのか、勝負どころでは勝ち馬にスッと前に入られて踏み遅れ。その後4着馬が外へ移動してきて、そのアオりも受けてさらに追い出しが遅れてしまった。そのぶん接戦の1着争いに加われなかったが、実績からスムーズなら勝ち負けの力はあるはず。道悪も問題なく、見直し必要。

廣中築究TM

エメリヨン

2024-03-23 中山7レース
4着(2番人気)
今回が初ダート。好スタートをきって砂を被らずに好位追走。勝負所での反応は少し鈍かったがしぶとく伸びて2着とはハナ・クビ差の4着。芝のレースと同じく少し決め手に欠けるところはあるが初ダートを考えればまずまずの内容。慣れが見込める次走は前進が見込めるはずだ。

永野暁太郎TM

クロミナンス

2024-03-23 中山11レース
2着(2番人気)
まずまずのスタートも枠の並びで中団外目を追走。内が残る馬場で終始大外を回されてたが、最後までしっかり伸びて2着は確保。前走のAJCCもトラックバイアスに恵まれなかった上に、本質的には東京・良馬場向きの馬で、条件が揃わなかった中でも好走を続けられているのは力を付けてる証拠。次走以降も注目。

廣中築究TM

サクラトップリアル

2024-03-16 中山2レース
2着(6番人気)
今回が初出走。最終追い切りでは直線でフワフワする場面もあり、まだ幼そうな印象だったが、パドックでは力強い身のこなしが目立った。レースでも断然の1番人気に唯一詰め寄っており3着以下は完封。続けて使えるようならすぐに勝ち上がれるはずだ。

永野暁太郎TM

ロジリオン

2024-03-16 中京11レース
5着(2番人気)
やや遅れぎみのスタートだったが、促して中団から。気難しいタイプで危うさはあったが、馬群の中でこの馬なりには折り合いを付けて追走。抜群の手ごたえで直線を迎えたが、ゴールまで進路が開かず、馬なりのまま入線。今回は不完全燃焼だったが、これまでのレースぶりからかなりの能力を秘めていることは疑う余地がない。上手く馬を前に置ければマイルまではこなせそうで、NHKマイルCに出走してくるなら注目したい。

廣中築究TM

ロードアフェット

2024-03-10 中山5レース
1着(3番人気)
まずまずのスタートから道中は後方追走。少しずつ進出して4コーナーで一気にまくって直線では5馬身差の独走。前走からプラス8キロでまだまだ体つきも未完成ながらこれだけの勝ちっぷり。次走以降も注目。

永野暁太郎TM

オメガウインク

2024-03-10 阪神11レース
5着(8番人気)
好スタートだったが、外枠が影響して控える形。イン前有利な馬場だったが、道中で内に入れることもできず、ポジションも最後方まで下がってしまう苦しい展開。直線もスムーズに外に出せず、かなりチグハグな競馬になってしまったが、上がり最速の脚を披露。赤松賞・菜の花Sも内が有利なトラックバイアスの中、外から追い込んでいて高い能力を示している。次走も引き続き注目。

岐部泰佑

マフィン

2024-03-09 中山1レース
4着(2番人気)
初戦と同様に出遅れるも、今回はリカバーして中団を追走。勝負どころでは強気に大外から追い上げたが、ラストはもうひと伸びできず。コースロスがあったことはもちろんだが、コーナーで進出していくのが得意ではない可能性がある。直線までじっくり構えられる東京コースに戻った際に狙いたい。

岐部泰佑

トロピカルヒーロー

2024-03-02 中山7レース
4着(5番人気)
序盤は控えて折り合い専念。手ごたえよく追走していたが、3コーナーで両サイドから挟まれる不利が痛かった。後退を挽回すべく大きく外へ持ち出して追い上げたが、前を捕らえるには至らず。とはいえ上がり3Fは最速タイだし、デビュー以来の最高体重を更新しつつ小差の競馬を続けている点に好感が持てる。差す競馬が板につき、そろそろ勝ち負け。

廣中築究TM

エグマリーヌ

2024-03-02 中山4レース
5着(3番人気)
バランスの良い好馬体。五分のスタートもあまり出足が速いタイプではなく少し促しての追走。3、4コーナーでポジションを押し上げたが直線ではひと伸び欠いて掲示板確保まで。あまり器用なタイプではなく広いコースに出てくるようなら見直せる。

永野暁太郎TM

ヤマニンスターダム

2024-03-02 阪神4レース
8着(7番人気)
スタートが決まらず後方から。経験馬相手に初のレースだったが、道中ではしっかり馬群に付いて行けて、直線でも狭いところを割りながら脚を使って0秒4差の8着。着順ほど悲観する内容ではなく、ゲートが改善されれば好位も取れそう。半兄ヤマニンゼストも未勝利突破に5戦を要しており、時間をかけて菊花賞まで駒を進めた馬。次戦以降の変わり身に期待できる。

岐部泰佑

ニホンピロハーバー

2024-02-24 小倉10レース
3着(7番人気)
五分のスタートから中団追走。手ごたえよく直線を向いたが、いざ追い出しのタイミングで前が壁。追えたのはラスト1Fだけで、よく3着まで迫ったという印象。7ヵ月ぶりで10キロ増の馬体は少しゆるく映っており、ひと叩きした上積みも見込める次回スムーズなら勝ち負け。

廣中築究TM

クインズポラリス

2024-02-24 中山3レース
3着(1番人気)
スタートで後手を踏んで中団~やや後方追走。直線では窮屈な競馬になり進路を見つけてからは1頭際立つ伸びを見せたが3着まで。上位陣と大きな差は無くスムーズな競馬ができればすぐに勝ち上がれるはずだ。

永野暁太郎TM

ホウオウラスカーズ

2024-02-24 中山11レース
3着(6番人気)
開幕週にしては速くないペースで馬群は縦長。それを離れた好位集団で追走して絶好の展開だったが、4角に向けてかなり外を回してラストは伸びきれず。内の馬場が非常に良く、外に持ち出すのも容易な状況だっただけに悔やまれる内容。3走前は直線でドン詰まり、2走前は苦手な重馬場と度外視可能で、前走は出遅れながらも2着好走。OP入りの目処は間違いなく立っていて今後も注目していきたい。

廣中築究TM

アルシミスト

2024-02-17 東京3レース
2着(2番人気)
まだ多少幼い面は残すが、馬格がありパドックでは非常にパワフルな身のこなし。1枠1番から出負けするもスピードの違いを見せて中団追走。少しずつポジションを押し上げて勝負所では好位へ進出。勝ち馬は強かったが最後は3着馬をねじ伏せての2着確保。3ヶ月の休養明け&初ダートを考えれば上々の内容。勝機は近い。

永野暁太郎TM

カドサンガンバル

2024-02-11 東京1レース
12着(12番人気)
新馬戦と同様に大きく出遅れて後方から。道中で馬群に取り付くことができず、全くレースに参加できなかったが、直線ではこの馬なりにジリジリ伸びてきていてゴール後も止まらなかったことを考えると可能性を感じる内容。距離はもう少し長くても良さそうだが、一番はゲートが改善されること。それさえ叶えば大穴を開けるチャンスがあると思うので、馬券的に注目していきたい。

岐部泰佑

ウインアキレウス

2024-02-10 小倉4レース
4着(4番人気)
初障害。まだ飛越に慣れていない印象で安定感はひと息。それでも置かれずに中団で追走はできていた。手ごたえが怪しくなるのが少し早かったが、最後までしぶとく伸びて4着は安泰。平地では短距離を使われていたが、障害の距離・ペースに即座に順応し、通用のメドははっきり立った。飛越をはじめ、全体的に慣れが見込める次回チャンス。

廣中築究TM

フォルクスリート

2024-02-10 東京5レース
6着(1番人気)
惜敗が続いていたがデビューから良い内容の競馬が続いていた馬。休み明けでプラス2キロ。ただあまり毛ヅヤが冴えず絶好調まではいかない印象。発馬はほぼ五分にきって中団から。直線で追い出してからの反応も鈍く、決め手を欠いての敗戦。地力はあるだけに叩いた上積みが見込めれば次走は巻き返しが期待できるはずだ。

岐部泰佑

ジュドー

2024-02-03 東京8レース
15着(2番人気)
パワフルな馬体から期待感をもってのダート初挑戦だったが、内枠から砂をモロに被る形でのレース運びを余儀なくされる試練。直線入り口では前に馬のいないポジションを取るも反応はなく、まったく力を出せないままの惨敗。砂を被るリスクは伴うが、ダートがだめという走りではない印象。芝戻りはもちろん、ダート続戦でも外枠なら反撃可能。

廣中築究TM

ペリファーニア

2024-02-03 東京7レース
1着(1番人気)
休み明けでプラス10キロだったが全く太め感のない好馬体。まずまずのスタートから好位3番手追走。直線入って少し早めに先頭に立ったが後続をしっかり凌ぎ切っての勝利。まだ余力は十分に残っており、さすが昨年の桜花賞3着馬といったところか。昇級してもすぐに通用可能だろう。

永野暁太郎TM

ダンツイノーバ

2024-01-28 小倉11レース
6着(12番人気)
本コーナー2度目の紹介。前回記載後に勝ち上がって今回は昇級初戦。好スタートから控えていつもの後方策。完全な外差し馬場だったが、直線は外に出せず、さらに内の馬が寄れてくる不利も重なって6着止まり。ただ内から伸びてきたのは本馬のみで昇級後でもクラスの壁を感じさせない内容。堅実に末脚を使えるが、なかなか人気にもならないタイプ。次走以降も注目。

岐部泰佑

マイネルカーライル

2024-01-27 小倉7レース
1着(4番人気)
五分のスタートから気合をつけて単騎先頭。1F12秒台のラップを淡々と刻み、上がり3Fも最速でまとめて2着に6馬身差の圧勝。以前のダート出走時は結果が出なかったが、当時と比べて馬体も大幅に増え、力をつけた印象。時計も同じ良馬場だった2週前のオープン2着に相当するもの。砂を被った際にどうかだが、スムーズに運べれば昇級即通用。

廣中築究TM

モリノセピア

2024-01-27 東京1レース
2着(4番人気)
休養明けでプラス12キロ。体に幅が出て稽古の動きも格段に良化。パドックでの柔らかい歩様も非常に好印象。好スタートからすんなり先手。圧倒的1番人気の馬の決め手には屈したが3着以下は完封しており競馬の内容も着実に良くなっている印象。初勝利は近いうちにつかめるはずだ。

永野暁太郎TM

ニルカンタテソーロ

2024-01-21 中山8レース
11着(4番人気)
今回は前2走よりスタートから出して行って好位集団に付ける形。しかし4コーナー手前で馬群が密集し、前にいた馬の手ごたえが悪くポジションを下げてしまった。直線も前が壁になり追い出しが大きく遅れて万事休す。近走は中団後ろからの競馬で差し遅れる形になっているが、今回のようにある程度位置を取っても末脚が使えるタイプ。次走も狙いたい。

岐部泰佑

タナサンブラック

2024-01-20 小倉10レース
12着(2番人気)
五分のスタートからいつも通り先行策。外めの3番手をキープしたが、1、2着馬のまくりに遭い、結果的に差し-差し決着となり展開が向かなかった。ペースアップに対応できなかった反応の鈍さと粘りを欠いた点は休み明け、16キロ増の馬体も原因か。ひと叩きで絞れた次回は見直しが必要。

廣中築究TM

モスオーキッド

2024-01-20 中山3レース
3着(5番人気)
2週続けて除外でデビューが延びたが坂路では毎度軽快な動きを披露。ゲートは少しゆっくりで軽く促しながらの追走。勝負所での手応えは良かったが最後はひと伸び欠いて3着まで。ダートもこなせそうだがフットワークを見ていると芝のマイルぐらいが良さそうな感じ。次走も注目したい。

永野暁太郎TM

クインズカムイ

2024-01-14 中山12レース
11着(12番人気)
好スタートもいつも通り控えて後方から。Sペースで2~4番手で運んだ馬が馬券内を独占する苦しい展開。4角では手ごたえ十分だったが、直線で前が壁になり、一度も追わずに最後まで馬なりでの入線。全く度外視できる内容で、本来は末脚を使えるタイプ。新潟の2戦を見る限りは中距離よりもマイルに適性があるように思えるが、決め手を生かせそうなレースでは積極的に狙いたい。