horse
horse

重賞レース回顧

Looking Back on the Race

  • 2024/05/01
    JpnI
    かしわ記念
    船橋 1600 m
    優勝馬: シャマル
    不良馬場で先行馬有利の傾向だったにせよ思ったより速いペースで逃げたシャマル。終いまで脚いろは鈍ることなく2着タガノビューティーに2馬身半差の完勝。人馬ともにJpnI初制覇、昨年は1番人気だったが、今回は6番人気と混戦メンバーを考えるととってもおいしい馬券だった。よく追い込んだタガノビューティーは昨年に続き2着。これだけ前残りのレースが多い中、しっかり脚を伸ばして衰えを感じさせず負けはしたが、船橋マイルは走る。
  • 2024/05/02
    SⅡ
    東京湾カップ
    船橋 1700 m
    優勝馬: マコトロクサノホコ
    道営時からスタートは苦手だが、徐々に進出して前走負けた相手に逆転勝ちのマコトロクサノホコ。距離はもっとあってもよさそうだし、東京ダービー出走なら面白い存在。いつもより後ろの位置取りになったシシュフォスだが、進出する脚はさすがの加速力。重賞連勝とはならなかったが、評価は落とせない。3着コルベットは先行争いが激化した中、粘り強さを発揮。逃げなくても結果が出ているし、もう少し馬体がしっかりしてくればタイトル奪取も夢ではない。
  • 2024/05/08
    JpnⅡ
    エンプレス杯
    川崎 2100 m
    優勝馬: オーサムリザルト
    ここまで5戦5勝、重賞初出走のオーサムリザルトが押して先頭に立ったライオットガールを1周目4コーナーからスタンド前でハナを奪う積極策。そこからは武豊騎手らしい正確なラップを刻み、絶妙なペースで後続を引っ張る。まだ幼さが残る走りだが、完勝といえる内容。ブリーダーズカップディスタフをめざすプランが発表され、楽しみは尽きない。グランブリッジは直線猛追も悔しい2着。広いコースの方が走りやすそうなタイプだが、今回も連対確保しコース相性の良さを示した。3着キャリックアリードは最内枠を利して道中はロスなく脚を溜めることに専念。直線の伸びは目立っていたし、伸びしろも十分。今後ダートグレード制覇も可能だろう。4着ライオットガールは逃げ馬場の川崎なら前走同様譲らずハナのままならチャンスはあったろうにもったいない敗戦。