horse
horse

重賞レース回顧

Looking Back on the Race

  • 2024/04/02
    SⅢ
    クラウンカップ
    川崎 1600 m
    優勝馬: シシュフォス
    ツキシロ、ライゾマティクスら先行馬を見る形でじっくり脚を溜められたシシュフォスが転入初戦に続き勝利で重賞タイトルゲット。小回り1600mにも対応し、素質の違いを見せつけた。今後距離が延びてさらなるパフォーマンスを発揮するだろう。中団から進めたアムクラージュが直線ではしっかり伸びて連対確保。アジアミッションも同じような位置から詰めているが、上位2頭とは差がありワンパンチ足りず。それでも重賞で連続3着と着実に上向いている。
  • 2024/04/03
    JpnⅠ
    川崎記念
    川崎 2100 m
    優勝馬: ライトウォーリア
    逃げ馬場を味方につけ地元ライトウォーリアがJRA勢を撃破。前走に引き続き吉原騎手が手綱をとり、道中の丁寧なリードのおかげでアタマ・ハナ差の大激戦を制した。2着グランブリッジはマイナス12キロだったが、好相性の川崎コースで影響を感じさせない走り。3着アイコンテーラーも早めの競馬を意識して並びかけるも追い比べで力尽きた。人気のセラフィックコールは5着。砂をかぶり通しで嫌気がさしたか、直線での伸びも今ひとつ。