horse
horse

POG放談

POG Commentary

日刊競馬POG2024-2025スタート

最終更新日: 2024/04/19
  • I

    我々K大コンビが果敢に挑んだ皐月賞でしたが、結果はAさんのミスタージーティーが10着、僕のホウオウプロサンゲは11着に敗れました

  • A

    結果はどうであれ前評判どおりの面白い皐月賞だったね。そして結果はどうであれ俺たちはドラ5やドラ6を皐月賞に出走させたんだ。それに関しては堂々と胸を張っていい

  • I

    ええ。それに社内POGは菊花賞まで続きますからね。今後も切磋琢磨してお互い頑張っていきましょう

  • A

    しかしその社内POG、桜花賞に続いて皐月賞まで無傷(出走全馬6着以下)だったんだよね

  • O

    俺の恨みを買うような馬が上位人気になってたからな

  • I

    それが何か関係あるんですか?

  • O

    わからないけど、放談Xさんからは新たな依頼があったよ。『青葉賞のヘデントールも頼んだぜ!!』ってね

  • I

    ………

  • O

    ただ、チェルヴィニアやレガレイラは「ほっといても消えるだろ」って思えたけど、ヘデントールは正直自信がないな

  • I

    収拾がつかないのでAさんお願いします

  • A

    まあしかし、桜花賞も皐月賞も社内POG指名馬がすべて着外って平和だなって思うけど、それだけ今世代のPOGは難易度が高かったのかもしれないね

  • I

    活躍馬、賞金上位馬を見てもやっぱりノーザンファーム生産馬が多いんですけどね

  • A

    日刊競馬POGの指名馬ランキングなんか見ても、牝馬はわりと素直にミーハー馬が活躍していて、まあ昔から牝馬の方が評判通りに走る傾向はあるんだけど、今年は例年以上に牡馬がエラいことになってるよね。シャハザマーンを筆頭にさ(笑)

  • I

    でもまだNHKマイルC、オークス、ダービーと残っていますので…

  • A

    うん。いずれも我々には関係無さそうだけどね(苦笑)

  • O

    まさかソンシがNHKマイルCに出走すらできないとはな…

  • I

    はいはい。それではそろそろ3歳戦の展望を始めましょうか。まずは土曜の東京からですが、9Rの新緑賞(芝2300m)にOさんのドラ5レイデラルースが出走します

  • O

    山吹賞はコーナーで捌けないわ直線では前がふさがるわで散々だったからね。東京向きとは思えないけど可能性ゼロではないでしょう

  • I

    はいはい。続いて京都いきます。4Rの未勝利戦(芝2400m)には先輩のドラ2カズアブディーンが出走します

  • O

    十分チャンスはある組み合わせだね

  • I

    続いて9Rはあやめ賞。芝1800mです

  • O

    本命ヒヒーンだけど、『ここに使ってくれれば勝てそう』っていう馬を指名しているPOGプレイヤーは多そうだね

  • I

    福島には何も無さそうなので日曜いきますか。注目は東京のフローラSぐらいですね

  • O

    普通にアドマイヤベルだけど、まったく気合が入りません

  • I

    展望は以上ですね。それでは今週も“放談Iによる2歳馬情報”をやりたいと思います

  • A

    今週のテーマはキャロットでいいですか?

  • I

    OKです

  • A

    それではよろしくお願いします

  • I

    まずは林徹厩舎のアローグレイシャー(牡・キズナ×ザズー)です

  • A

    ザズーの仔は超大物こそいないけどボチボチアベレージは高いよね。でも全姉(セルース)は未勝利じゃなかったっけ?大丈夫?

  • I

    この馬は期待できると思います。募集時から好馬体が目立っていましたね。500キロほどありますが、皮膚感が薄くて各パーツが素晴らしい造りをしています。今勢いのあるキズナ産駒、確実に走ってきそうな印象です

  • O

    これはマジで見た目がいい馬だよね。ダートだと思うけど

  • I

    はいはい。続いて友道厩舎のバズアップビート(牡・エピファネイア×ビートマッチ)です。すでにNFしがらきに移動済みで、早期デビューが期待できる1頭。遅生まれ(4月29日生まれ)ではありますが、この時期の2歳馬としては馬体もしっかりしています。厩舎期待のクラシック候補と考えていいでしょう

  • O

    友道厩舎のキャロットって「総じてデビューが遅い」「早めのデビューだと勝ちそこなってまた放牧」っていうイメージなんだけど、大丈夫?

  • I

    たぶんあなたには、(元指名馬の)ルペルカーリアのイメージしかないのでしょう

  • O

    うるせーバーカ

  • I

    はいはい。続いて最後は木村厩舎のマックアルイーン(牡・Blue Point×ユーセニア)です。父Blue Pointは全欧のチャンピオンスプリンター。この馬も適性は短距離ということになりそうですが…

  • A

    今さら感あるけど、木村厩舎って短距離成績ひと息だよね?

  • O

    ノーザンファーム系の唯一手薄なところが短距離だからね。それと連動してるだけでしょ

  • I

    はいはい。馬体には緩さが多分に残っている現状ですが、その分これからの成長には大いに期待できそう。距離もマイルまでならもちそうな印象です。現在は坂路で15-15を消化。トラブル無く順調に調整されているので楽しみです

  • A

    他には?

  • I

    以上、僕からは厳選3頭です。最後に告知などがあればどうぞ

  • A

    日刊競馬POG2024-2025の登録受付がスタートしました。皆さんご家族・ご友人・ご愛人をお誘いの上、奮ってご参加頂ければと思います。また、各クラブごとの激アツ推奨馬に関する動画も撮影が終わり、近日中にアップする予定です。こちらもお楽しみにしてください

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。