horse
horse

POG放談

POG Commentary

2回目のコラボ

最終更新日: 2021/07/02
  • I

    宝塚記念当日の『伝説の新馬戦』(阪神芝1800m)、勝ったのは1番人気のレッドベルアームでした

  • A

    放談で推奨した2頭(レッドベルアーム、アランヴェリテ)でワンツーだったけど、やっぱり『世間で騒がれているほど大したメンバーじゃない』っていう見立ては合ってたよね。安易に『伝説』とか使わない方がいいよ、本当

  • O

    予想通りレースレベルは普通だったけど、レース前が伝説になりそうだったな

  • I

    ああ、返し馬直前に起こった情事ですか

  • A

    襲われたローマンネイチャーに関しては気の毒としか言いようがないね。あの後、ゲート内では馬っ気を出して、馬房に戻るとギャンギャン鳴いていたというのだから精神的なショックは相当だろうな

  • I

    気持ちは痛いほどわかりますよ。僕だっていきなり同性に後ろから襲われたら馬っ気出して鳴きたくなりますもん

  • A

    え? 馬っ気出すの?

  • I

    ええ。何か問題でも?

  • A

    ………

  • O

    ………

  • I

    それでは2歳戦の展望を始めましょう。まずは福島から。5Rは芝1200mの新馬戦です

  • O

    本命はヴェールアンレーヴ(牝・リオンディーズ×レーヴルシード)。根拠は初戦向きリオンディーズ

  • I

    これは異論なしです。陣営からも『初戦勝ちを狙える』と強気なコメントが出ています

  • A

    俺はウィリン(牝・スクリーンヒーロー×レッドカーラ)。距離はちょっと怪しい気もするけどスピードは十分にあるね。気性も初戦向き

  • I

    続いて6Rはダート1150mの新馬戦

  • O

    本命はモネ(牝・エスポワールシチー×スイレン)。根拠は父ゴールドアリュールの跡を継ぐ初戦駆け血統エスポワールシチー

  • I

    僕はミスターサマンサ(牡・シニスターミニスター×レディサマンサ)。直前は坂路追いでしたが、それまでは南DWでビッシビシ乗り込まれました。距離微妙も、仕上がりは上々。51キロなら

  • A

    俺はジェイケイボニータ(牝・ディスクリートキャット×ジェイケイバトル)かな。とりあえずスピードないとドモナラズな条件なのでね。調教でまずまずなスピード見せているこの馬から

  • I

    続いて小倉。5Rは芝1200mの新馬戦。九州産限定です

  • O

    本命はテイエムキバイモン(牡・マジェスティックウォリアー×テイエムオペレッタ)かな。調教まとも

  • I

    異論なし。根拠も同じく

  • A

    俺はゴメンナサイ。パスでお願いします

  • I

    それでは6R。ダート1000mの新馬戦です

  • O

    本命はカンタルーパ(牝・ヘニーヒューズ×プリンセスロック)。ガッツリ乗り込んで仕上がっているし、スピードも見せている

  • I

    僕はオーリプカレディ(牝・ディスクリートキャット×デューフォール)。坂路で入念に乗り込まれて、直前はCWで仕上げました。血統的にもこの条件はベストの印象

  • A

    俺はクラーベドラド(牡・キンシャサノキセキ×クラーベセクレタ)。根拠は母クラーベセクレタ。クラーベセクレタは好きだったな。俺が公営の馬を好きになるのは珍しいんだよね。他にネフェルメモリーぐらいしかいないもん

  • I

    はいはい。土曜最後は函館。5Rは芝1200mの新馬戦です

  • O

    アーサーズウィーク(牡・ビッグアーサー×シャルルヴォア)かなあ。とりあえずビッグアーサー×スペシャルウィークなら初戦駆けでしょう

  • A

    俺はソウルフルハート(牝・キンシャサノキセキ×ソウルフルヴォイス)で。ダートで追ってるから時計は目立たないけど、走り自体は芝向きのそれ。悪くないよ

  • I

    続いて日曜いきましょう。まずは福島。5Rは芝1800mの新馬戦です

  • O

    ナックメジャー(牡・ダイワメジャー×メジロカトリーヌ)かな。いかにも小回り中距離向きの持続力タイプ

  • I

    僕はボーンディスウェイ(牡・ハーツクライ×ウィンドハック)。馬なり中心ですが、素軽い動きを連発。好仕上がりです

  • A

    俺はプレンドクエスト(牝・キングカメハメハ×セコンドピアット)から。完成はまだ先だろうけど、連日併せ馬を消化しているのはデキの良い証。このメンバーなら初戦から

  • I

    6Rは芝1200mの新馬戦

  • O

    ミッキーハーモニー(牝・キタサンブラック×マンビア)かな。ダートっぽい馬が多い組み合わせだから消去法で

  • I

    僕は関西馬スピンオフ(牝・サトノアラジン×オリジナルスピン)を本命にしました。根拠は関西馬。しかし、仕上がりもかなりです

  • A

    俺もスピンオフかな

  • I

    次は小倉ですね。5Rは芝1800mの新馬戦ですが、Aさんのドラ5ダノンピーカブー(牡・Kitten's Joy×ジョイフルビクトリー)が出走します

  • A

    どうせ世間じゃフィデル(牡・ハーツクライ×ラッキートゥビーミー)ムード一色なんでしょ?

  • I

    そうですね。Aさんには酷ですが、『ただもらい』『どう勝つか』『さすがにこれは負けられないwww』などのコメントがよく聞かれますね

  • O

    いやいや、ダノンピーカブーは日本の芝ではどうかと思ってるけど、能力は高いと思うぞ。日本の芝でも道悪なら可能性はある

  • I

    Oさんはダノンピーカブー本命ですか?

  • O

    いや、フィデルだけど?

  • I

    ………

  • A

    もう怒った。全てのフィデル推しを絶望させてやる。“フィデル”なんて小洒落た馬が“いないいないばあ”なんかに負けたら恥ずかしくて立ち直れないだろ?

  • I

    ……続いて6Rは芝1200mの新馬戦です

  • O

    ベヴィアーモ(牡・ロードカナロア×リビアーモ)かな。とりあえずスピードはありそう

  • I

    これは異論なしです

  • A

    俺も異論なし

  • I

    ラストは函館ですね。5Rは芝1800mの新馬戦ですが、こちらもAさんの指名馬が出走しますね。ドラ6のブラックボイス(牡・ブラックタイド×ソングライティング)

  • A

    俺とHUNTER●HUNTERのコラボは(リッパー)サイクトロトン以来2回目。そのサイクロトロンは現オープン馬。ここまで言えばわかるよね?

  • I

    わかりません

  • O

    来年の10月ぐらいから連勝するってことじゃないの?

  • I

    サイクロトロン自体はPOG期間内はただの1勝馬ですからね

  • A

    ………

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。