horse
horse

POG放談

POG Commentary

スペシャル感はない

最終更新日: 2021/07/30
  • I

    注目された土曜新潟の新馬戦(芝1600m)ですが…

  • A

    やってくれたねえ、I君(コリエンテス)。A家(プルサティーラ)に蓋するなんていい度胸してるじゃない

  • I

    何か問題でも? ライバルを封じ込めるのは勝利への常套手段ですよ?

  • A

    その通り。だからこそちょっとムカついてんだよね。プルサティーラの封じ込めに成功したならちゃんと勝てよ、と。何あっさり逃げ切り許しちゃってんの?

  • I

    仕方ないじゃないですか!! 全然前が止まらないんですもん!!

  • O

    展開負けなのは確かだけど、もうちょっと迫ってくれないとアーモンドアイみたいなスペシャル感はないなあ

  • I

    アーモンドアイ?

  • O

    アーモンドアイは2着だった新馬戦でスペシャルな馬だってわかったじゃん

  • A

    スペシャル感はともかく、結局コリエンテスの前評判が高過ぎたのが悪いんだよ。別に今回の2着って言われてるほど悪いもんじゃない。普通に走ってくると思うけどな

  • I

    “普通に”じゃダメなんですよ!! 僕の期待のドラ1なんですから!!

  • A

    はいはい。もういつまでもカリカリしてないでさっさと2歳戦の展望を始めてくれないかな

  • I

    わかりましたよ。まずは新潟からいきます。5Rは芝1600mの新馬戦です

  • O

    初戦向きのオラヴェリタス(牡・ロードカナロア×アリデッド)にしたけど、ロードカナロア産駒って新潟1600mの新馬であまり成績良くないんだよね

  • I

    僕はシゲルツキミザケ(牡・リオンディーズ×エアマスカット)から勝負します。初戦駆けリオンディーズ産駒。思えば先週も新馬勝ちを決めました

  • A

    俺らからしたら『決められました』と言った方が正確だけどね

  • I

    そして鞍上も同じ幸騎手。これは何やらデジャヴってやつを感じませんか?

  • A

    感じませんね。全く

  • I

    そんな鈍感なAさんの本命は?

  • A

    動きが良いのはラニュイエトワール(牡・ノヴェリスト×ガラディナー)だね。でもまだ幼い。そういうところを出さなければ

  • I

    続いて6Rは芝1200mの新馬戦です

  • O

    ロッホローモンド(牡・イスラボニータ×サニーアンジェリカ)かな。水準以上の動きをしている馬がほとんどいない組み合わせでこの調教は目立つ

  • I

    これは異論なしです。直前の追い切りでは古馬1勝クラスに先着。短距離&初戦向きのイスラボニータ産駒。スピードで押し切るイメージ

  • A

    俺はミツカネムーン(牝・アドマイヤムーン×センコウノマイヒメ)かな。坂路で乗りまくってようやく動きは良化してきた。51キロでこのメンバーなら大事故はなさそう

  • I

    続いて函館いきましょう。5Rが新馬戦ですね。芝1200mです

  • O

    本命はソリッドグロウ(牝・ダイワメジャー×ムーングロウ)。普通に好調教

  • I

    僕はグランパドゥシャ(牝・キンシャサノキセキ×サダムグランジュテ)を本命にしました。前向きな気性で芝での走りっぷりが目に付きました。この血統ですし、初戦から勝負

  • A

    俺はカミゴエ(牡・ビッグアーサー×セブンスハーモニー)。根拠は馬名。もう少し体を絞りたいところだけど、併せ馬では結構先着しているように根性はありそう

  • I

    それでは日曜いきます。まずは新潟。5Rは芝1800mの新馬戦

  • O

    ルージュスティリア(牝・ディープインパクト×ドライヴンスノー)かな。能力は高いでしょ

  • I

    これは異論なしです。半兄(レッドグレイシャー)は未勝利ですが、父がディープインパクトに変わった本馬はディープインパクト×母父Storm Catの黄金配合が完成。関西馬圧倒的優勢の新潟なら大好機

  • A

    この馬について読者から何件かメールが来てたな。『おまいらの評価を教えてくれ』とか『期待値で取り上げて』とか。そんなに人気あるの?

  • I

    ド評判ですよ。知らないんですか?

  • A

    サヴァニャンと併せ馬をしてたから一応知ってるけど、こんなに注目されているとは知らなかった

  • I

    そんな情弱なAさんの本命は?

  • A

    この流れじゃルージュスティリアって言うしかないだろ(苦笑)

  • I

    続いて6Rは芝1600mの新馬戦です

  • O

    グランスラムアスク(牝・ディープインパクト×ジェニサ)。矢作厩舎の2歳夏の新馬がこのぐらい動いていれば信頼度は高い

  • I

    ここはサブライムアンセム(牝・ロードカナロア×パストフォリア)。ここだけの話、出資を最後まで悩んだ馬。気性的な若さはありますが、稽古の動きからも能力は確か

  • A

    俺はゼロドラゴン(牝・ブラックタイド×スカイノダン)。ブラックタイド×母父サクラバクシンオーの初戦駆け配合。ってかキタサンブラック配合だね

  • O

    マカンマカン配合ともいう

  • I

    はいはい。ラストは函館。5Rは芝2000mの新馬戦。5頭立てですね

  • O

    横一線の力関係っぽいけど、シャーマンズケイブ(牡・ハーツクライ×アナアメリカーナ)がちょっとリードかな

  • I

    これは異論なし。半兄メイソンジュニアは短距離で活躍しましたが、この馬は父がハーツクライに変わってスタミナがプラスされた血統構成になりました。育成時代から動きの目立っていた1頭で、先々まで楽しみな素材です

  • A

    あんまり大きな声じゃ言えないようなこと言っていい?

  • I

    卑猥な言葉じゃなければOKです

  • A

    ここは5頭立てで内3頭がノーザンファーム産なんだけど、正直3頭とも胡散臭い

  • I

    あなたも大分胡散臭いですけどね

  • A

    そんなわけだから本命はレモンケーキ(牝・ブラックタイド×タイヨウパフューム)。根拠は好調教のブラックタイド産駒の初戦駆け。で、相手もロン(牝・シルバーステート×アモーレヴォレ)でいいいんじゃないかとちょっと思う。まさかまさかの非ノーザンファーム産のワンツー(笑)

  • I

    ……これでノーザンファーム生産馬がワンツースリーを決めたら謝罪会見ものですね

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。