horse
horse

POG放談

POG Commentary

人間設定と出直しと入厩と

最終更新日: 2022/01/04
  • I

    放談読者の皆様、新年明けましておめでとうございます

  • O

    おめでとうございます

  • A

    今年もよろしくお願いします

  • I

    ??? 今年はなかなかの変則開催っぷりですが、皆さん思った以上に元気そうで良かったです

  • A

    変則開催どうこうよりも、俺の場合はコロナ禍で年末年始の乱痴気騒ぎを控えているのが大きいのかな。思えば去年の正月も体調は良かったし

  • O

    俺も2年前の3月以降、ワクチンの副反応を除いて少しも具合悪くなってないからな

  • I

    直属の先輩も『最近は扁桃腺が全く腫れなくなったぜ!!』って言ってましたよ。やっぱり自粛ムード+マスク効果は大きいんでしょうね

  • A

    まあコロナのおかげで健康になってるってのは皮肉な話だけどね(苦笑)

  • I

    それでは3歳戦の展望を始めましょうか。まずは中山から。4Rはダート1800mの新馬戦です

  • O

    本命はエクセスリターン(牡・ストロングリターン×ベアフルート)。根拠は関西馬&真冬の大型馬

  • I

    僕はアトレイユ(牡・ドレフォン×プラチナローズ)を本命にしました。半姉ジュエルクイーンは地方所属馬ですが、デビューから引退まで一線級で活躍し続けました。もちろんドレフォン産駒ならダートOK。まだ緩さが残る現状ですが、初戦から勝ち負けの期待

  • A

    俺はディーノエナジー(牡・マジェスティックウォリアー×ジュヴァンクル)かな。鋭さを全く感じないけど、だからこそこの舞台は絶好の予感

  • I

    続いて5Rも展望しましょうか。芝2000mの1勝クラスです

  • O

    レヴァンジルの前走は同じ日の芙蓉Sより速いタイムではあるけど、芙蓉Sの同タイム2着馬と0秒1差の3着馬は次の葉牡丹賞で3着と6着。芙蓉Sよりタイムが速いから1勝クラスでは上位、とは言い切れない

  • I

    では本命は?

  • O

    レヴァンジル

  • I

    は?

  • O

    芙蓉Sとの単純な比較は無意味だというだけで、この組み合わせなら能力最上位だと思う

  • A

    異論なし。俺の指名リスト入りしただけあって、単純にここでは素質が何枚も抜けていると思われる

  • I

    続いて10RはジュニアC。芝1600mです

  • O

    インダストリアかな。切れが生きる馬場なのかどうか分からないけど、Cコースでコーナーが緩くなるのはいいんじゃないかな

  • I

    僕はハッピープリベイルで穴狙い。前走は展開不向き+イレ込みが敗因。中間落ち着いている今回は巻き返しに期待します

  • A

    俺はモンタナアゲート。前走は半信半疑だった東京コースでも頑張った。父ダイワメジャーで未勝利快勝の中山マイルなら

  • I

    続いて中京いきます。5Rは芝2000mの新馬戦です

  • O

    クワイエットホーク(牡・ハーツクライ×ウイングステルス)かな。乗り込み十分で動きもいい

  • I

    僕は同じハーツクライ産駒でもインブレッドセンス(牡・ハーツクライ×セブンスセンス)から。基本晩成タイプだと思いますが、直前の動きは上々です。この距離もいい

  • A

    あとはチュウワダンス(牝・ハーツクライ×キラモサ)か。ここはハーツクライ産駒に注目の新馬戦だね

  • I

    続いて6R。芝2000mの1勝クラスですが、Oさんのドラ3マテンロウスカイが出走します

  • O

    敵はグランディアぐらいだろ? 俺はグランディア(社内POG)指名者よりは不運な目に遭ってないから、現状の人間設定では勝ってるはずだし、大丈夫じゃないかな

  • I

    昨年最後の放談で『年明け初日からうちのマテンロウスカイが改めて伝説を始めます。よろしく!!』とか言ってたのに、人間設定がどうこうって…

  • O

    そして月曜はドラ2のヒシアラカンがルメールで出直し。ついでにドラ5のリタリエイションも入厩したから、今年の俺は一味違うところを見せてやりたい

  • I

    出直しや入厩程度で騒ぐとは…。一味違うどころか例年よりも劣化していますよ

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。