horse
horse

POG放談

POG Commentary

日本三大チャンス

最終更新日: 2023/01/27
  • I

    2023WBCの全30人が発表になりました。MLBからの参加もあって『史上最強』との呼び声も高い超豪華メンバー。今回はかなり期待してよさそうですね

  • A

    そうそう。そのMLB組が参加ってのがデカいよね。マッチョマンとか移籍初年度で本当に大丈夫なの?とか心…

  • I

    というわけで宴もたけなわではございますが、そろそろ放談本編を始めたいと思います

  • A

    ……はいはい。別にいいですよ。今日はさっさとお家に帰りたいので

  • I

    それでは3歳戦の展望を始めましょうか

  • A

    ちょっと待って。先週出走した放談関連馬の回顧はいいの?

  • I

    もう時期が時期ですからね。クラシックと無縁そうな馬には触れなくていいと思いますよ

  • A

    ……『読者への謝罪・懺悔の意味を含めて、自分の指名馬がどれだけダメだったのか反省させる』とか言ってなかったっけ?

  • I

    ああ、あれは放談O&Tに向けたコメントです

  • I

    ??? ということで3歳戦の展望を始めましょう

  • O

    待て待て。つまり先週までのアレは単なるイジメなのか?

  • I

    はいはい。まずは土曜東京から。2Rはダート1400mの新馬戦です

  • O

    本命はハッピーロンドン(牡・グレーターロンドン×ハッピーベリンダ)。グレーターロンドンといえば初戦駆けで有名だけど、特に短距離の新馬だと好走確率が上がる

  • I

    僕はホウオウアリシア(牝・マツリダゴッホ×オークルーム)を本命にしました。かかる気性で距離に不安はありますが、スピードだけならここでは最上位の印象。何かとかみ合えば

  • A

    俺もハッピーロンドン。根拠も同じ

  • I

    続いて5Rの未勝利戦(芝1800m)ですが、放談Yくんのドラ4アスコルティアーモが出走します。これが勝てば彼はビンゴ達成(指名馬全頭勝ち上がり)となりますね

  • O

    前走は余裕ぶっこいて追い出しを待っていたら伸び負けする失態。ルメール騎手も継続騎乗ならあんなヘマはしないでしょう

  • I

    続いて6Rは芝1600mの新馬戦です

  • O

    本命はランプシー(牡・ハーツクライ×ノッテビアンカ)。今週の美浦は直線向かい風で12秒6かかったけど、1週前は11秒7。それも上がり重点じゃなくて5F66秒7。普通に好調教

  • I

    ここは良血馬テンペスト(牝・ロードカナロア×シーザリオ)に期待。再仕上げとなりましたが、稽古の動きから高い素質を感じます。かなりのスピードがありそうでこの条件も◎

  • A

    穴っぽいところではビーチポジティヴ(牝・ビーチパトロール×ロマンチックドラマ)も悪くないね。最終追い切りだけ見たら全然買える

  • I

    続いて10RはクロッカスS。芝1400mです

  • O

    狙いはフロムダスク。上がりが速いときついけど、たぶんスローにならないから

  • I

    僕はブーケファロスですね。前走圧巻。東京変わりもプラスで連勝濃厚と見ました

  • A

    ニシノピウモッソはここを目標にしての調整で仕上がりは◎。前走だけ走ればここも何とかなると思う

  • I

    続いて中京いきます。4Rにダート1400mの新馬戦がありますね

  • O

    ホウショウラスティ(牝・Goldencents×The Dove)。根拠はマル外

  • I

    ここはモズアカボス(牡・Quality Road×India)でしょう。半兄モズアスコットは安田記念&フェブラリーSを勝ちの活躍馬。父がFrankel→Quality Roadに変わってダートに特化した印象ですね。坂路で上々の動きを見せています

  • A

    特に異論なし。この時期のダート新馬戦はとりあえずマル外

  • I

    続いて9Rは白梅賞。芝1600mです

  • O

    本命はエアメテオラ。ホウショウラスティと同じ父だけど、父が何でも若いうちは芝で走る母系だからね

  • I

    これは異論なしです。メンバーに恵まれましたね

  • A

    俺も異論なし。けど、カルロヴェローチェが距離短縮でどこまで巻き返せるかってのもちょっと注目かな

  • I

    続いて小倉ですが…

  • A

    小倉は何も無いよ。先進めて

  • I

    1Rの未勝利戦(ダート1700m)にサブエガっていう馬が出走してますけど? これ、あなたのドラ6じゃないですか?

  • A

    ビリ(前走16着)になるような馬、俺の厩舎にはいません

  • I

    ……でも、減量(永島騎手)の内枠ですよ。2走前3着と力はあるはずですし、スタート決めればワンチャンあるんじゃないですか?

  • A

    ……うむ、ありそうだな

  • I

    では日曜いきますか。まずは東京から。6Rは芝1800mの新馬戦です

  • O

    本命はパールロード(牡・ロードカナロア×パールコード)。根拠は関西馬

  • I

    これは異論なしです。中内田厩舎の遠征&初戦は黙って買い

  • O

    中内田厩舎は2頭出しだけどな

  • I

    続いて9Rはセントポーリア賞。芝1800mです

  • O

    本命はシャンドゥレール。葉牡丹賞は差して好走した馬は大したことないけど、この馬みたいに先行して粘った馬は高評価できる

  • I

    ここはフェイトの巻き返しに期待します。強敵相手の前2走はいい経験となりました。自己条件なら

  • A

    巻き返しと言うならジェイパームスもね。ホープフルSの内容だけ見ればフェイトよりはこっちでしょう。新馬戦圧勝の東京コースで見直し

  • I

    次は中京。6Rは芝2000mの新馬戦です

  • O

    本命はデイライト(牡・モーリス×プントバンコ)。今の中京芝はモーリス向きのはず

  • I

    僕はエルチェリーナ(牝・ハービンジャー×ファンディーナ)を本命にしました。デビューから3連勝で重賞を制したファンディーナの初仔。母はいいスピードを持っていたので“ハービンジャー×スピード牝系=活躍馬”理論が発動します

  • A

    俺はアイリーン(牝・ブラックタイド×キューティゴールド)かな。根拠はブラックタイドの初戦駆けだけど、中旬の坂路の動きはなかなか良かった

  • I

    ラストは小倉。5Rには芝1200mの新馬戦があります

  • O

    本命はメリトリオ(牡・キンシャサノキセキ×アミーキティア)。今週の栗東や栗東からの輸送事情を考えると、早めに小倉に入っている馬が有利。で、美浦でも小倉でも動きがいい

  • I

    僕はジョーイルムシュ(牝・ジョーカプチーノ×ジョーアラマート)ですね。新馬戦からしっかりと作ってくる清水厩舎。仕上がりは万全です

  • A

    難しいけどレディメローラ(牝・ビッグアーサー×ビエンナーレ)かな。仕上がりだけなら最上位

  • I

    そして9Rがくすのき賞(ダート1700m)。ここには放談Yくんのドラ6ロードラディウスが出走します

  • O

    Y君は芝向きって言い張ってたけど、待望の初ダート。つかめ! 山チャンス!

  • I

    山チャンス?

  • O

    知らないの? アタックチャンス、サバンナチャンスと並ぶ日本三大チャンスだぞ?

  • I

    知りません

  • O

    イヤダイヤダ

  • I

    はいはい。ここはルクルスに期待しました。新馬戦の内容優秀。距離延長はプラスに出そう

  • A

    その新馬戦は残念ながら相当レベルがアレで過大評価はできないけど、確かに距離延長には魅力があるね。人気が無いなら少々って感じ

  • I

    展望は以上ですね

  • A

    じゃあこの辺で。今日も雪が降るとか降らないとかって話だからね

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。