horse
horse

POG放談

POG Commentary

2nd Anniversary

最終更新日: 2023/02/24
  • I

    今日は2月24日。何の日か知っていますか?

  • A

    2月4日なら何の日かよく知っているけど、24日は全く知りません

  • I

    『ウマ娘 プリティダービー』の誕生日ですよ。本日でサービス開始2周年となりました

  • A

    そうかそうか。それはおめでとうございますだね。うちのYくんもとても喜んでいると思います

  • I

    放談Yですか?

  • A

    俺が知る限り彼が日刊競馬最強のウマ娘ユーザーだと思うよ。Yくん主役でウマ娘関連の動画でも撮ろうか?って企画も出たぐらいだし

  • I

    意外とウケるかもしれませんね。ウマ娘関連の動画なんて山ほどあるでしょうけど、“競馬関係者がガチ育成”ってなるとそれほど見たり聞いたりしませんし

  • A

    しかし『競馬業界はオタクが多い』なんてよく言われるけど、確かに放談メンバーはみんなサブカル色が強いよね。Yはウマ娘に限らずアニメ全般、Iは極道と漫画全般、先輩は映画とゲーム、俺はスロットや妖怪、OさんはAV。いずれも『ただの趣味です』ってレベルをはるかに超えているもんね

  • O

    いやいや、私なんて本物のマニアから見れば子供みたいなものですよ。昔の知り合いで明らかに上の人が2人いるし

  • I

    何の話をしているかよくわからないので、そろそろ3歳戦の展望を始めましょうか

  • A

    もう新馬戦もなくなったので注目どころだけサクサクって感じでいいか

  • I

    ええ。まずは土曜中山の水仙賞ですかね

  • O

    ダニーデンかな。相手がアレだし

  • I

    僕はハウゼから勝負します。圧勝した未勝利戦の内容が上々。展開利もありそうなここは同じだけ走れば勝ち負けまで

  • A

    俺もダニーデンかな。すでに1勝クラスを走っている馬より未知の魅力があるのはこの馬

  • I

    続いて阪神ですが、9RにすみれSがあります

  • O

    6頭立てで3頭が社内POG指名馬なんて犯罪だろ

  • I

    暴言はいらないので展望してください

  • O

    普通に考えればショウナンバシットじゃないの?

  • I

    ……やっぱり本命は社内POG馬じゃない馬なんですね

  • A

    俺は縁あってシャザーンを応援しているけど、完成度の高さや距離経験を考えればショウナンバシットにもワンチャンあると思う。あとエゾダイモンはもう少し走れてもいいはず

  • I

    次は小倉ですね。9Rにあざみ賞があります

  • O

    難しいけどメイショウコギクで。乗り方変えれば一変するはず

  • I

    それでは日曜いきます。中山は9Rにデイジー賞がありますね

  • O

    相手がアレなので関西馬フィレットで

  • I

    僕はゴールデンハインドから。2、3走前の内容から現状ハナがベストかもしれませんね。ここは楽に先手を奪える組み合わせなので楽しみです

  • A

    そうだね。少なくとも芙蓉Sだけ走ればここは勝てるよね

  • I

    阪神は10RにマーガレットSがあります

  • O

    1200mなら引き続きビッグシーザー

  • I

    展望はこんなもんですかね

  • A

    え? もう終わりなの?

  • I

    やっぱりそろそろ2歳馬の話をしなくちゃダメですね(苦笑)

  • A

    さすがにね。わざわざ放談を見に来てもらってこの内容の薄さは申し訳なく思う。薄いどころかサブカルの話しかしてない(失笑)

  • I

    じゃあ2歳馬トークやっちゃいますか? いつものアレならもう始められますよね?

  • A

    あ、今日はさっさと帰ってウマ娘やらないとだから。なんてったって2周年なんだから

  • I

    ………

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。