horse
horse

POG放談

POG Commentary

何よりの恩返し

最終更新日: 2023/04/21
  • I

    我々放談メンバーにとって、先週の競馬は厳しい結果となりましたね

  • O

    俺には何も厳しくなかったぞ?

  • I

  • O

    ………

  • A

    ……まあ『大外枠は最悪。とても厳しい』と言っていたティニア(アーリントンC15着)はある意味想定の範囲内だったし、ダノンダッチダウン(皐月賞大差のシンガリ負け)だって

  • I

    僕のフリームファクシは?

  • A

    知らん。珍しく折り合っていたと思うし、やっぱり馬場が合わなかったんじゃないの?

  • I

    ……なんかこの世代も一気にヤル気がなくなってきましたよ

  • A

    ああ、でも聞いてくれる? 皐月賞は地味に馬券が当たったんだよね。本命ファントムシーフから動画馬相手(ダノンタッチダウン除く)の3連…

  • I

    もう結構です。さっさと3歳戦の展望を終わらせて2歳馬トークを始めますよ

  • A

    はいはい

  • I

    まずは土曜東京の9Rですか。新緑賞にAさんの守る者のドラ6サスツルギが出走します

  • A

    3戦連続で出遅れ&上がり最速という魅力的な馬。そんな馬なのでこの条件は間違いなくプラスでしょう。ここもどうせ出遅れるだろうけど、搭載エンジンが他馬と全く違うので心配はしていない

  • O

    東京の新緑賞といえばハーツクライだしな

  • I

    ありがとうございます。続いて京都ですか。9Rにはあやめ賞がありますね。芝1800mです

  • O

    本命はプッシュオン。前走は先頭に立ったところでモロに気を抜いて差し返されたけど、今度はそこらへんは考えて乗るでしょ

  • I

    あとは日曜の東京。11RのフローラSには直属の先輩のドラ5レシプロシティが出走します

  • O

    本命はゴールデンハインド。中山では坂で失速してるけど、東京なら坂上の平坦部分でもうひと伸びできるはず

  • A

    ソーダズリング。前2走を見ても東京◎

  • I

    それでは2歳馬トークを始めましょうか。主要クラブは終わりましたけど、今週はどうしましょうか?

  • A

    とりあえずその他のクラブでオススメがいたら挙げる形でいいんじゃない?

  • I

    例年通りですね。それでは昨年推奨したその他のクラブ馬を振り返ってみましょうか

  • I

    どうなんですか、この結果は?

  • A

    ハズレだろうな。クラブ指定じゃない分、余計にハズレ感は強い。何よりドウフォルスとレッドマグナスに関しては謝罪が必要なレベルだと思う

  • I

    よくわかってるじゃないですか

  • A

    しかし謝罪はしない。今年結果を出す事が何よりの恩返しとなるので

  • I

    ……よくわかりませんけど、ではビビビと来たその他クラブの推奨馬がいたら教えてください

  • O

    GIレーシングで杉山晴厩舎のアンティシパル(牡・ニューイヤーズデイ×アンチュラス)。名馬アンティシペイトの弟だけど、それ以来の「アンティ~」馬名。あと、ニューイヤーズデイ産駒はHaloクロスに注目って放談Oさんが言ってた

  • I

    どうですか、Aさん?

  • A

    気難しい&トモ弱って話だけど、調教自体は結構進んでいるから面白い存在ではあるね。馬名がどうこうに関してはよく知らん

  • I

    そうですか

  • A

    GIレーシングと言えば須貝厩舎のウールデュボヌール(牡・キタサンブラック×サンクボヌール)が話題になっているね。この時期の2歳馬が栗東坂路51秒台はさすがにレア。ソールオリエンスの皐月賞圧勝も追い風となって来年はキタサンブラック産駒が人気になりそうね

  • O

    あとは広尾で矢作厩舎のアスロス(牡・レイデオロ×ステラリード)。まず、レイデオロは母系が種牡馬族なので期待できる新種牡馬。この馬に関しては馬名がサイコー。ギリシャ語で「競技」だけど、意味がどうこうじゃなくて響きが良い

  • I

    これはどうですか、Aさん?

  • A

    広尾さんはノーマークだけど、アスロスはTさんも結構狙っていると思いますよ。何と言っても今年の放談T厩舎の勝ち頭はこの馬の兄テラステラですからね

  • O

    あとはDMMから手塚厩舎のレイデラルース(牡・レイデオロ×カンデラ)。こちらもレイデオロ産駒だから期待だね。今週入厩したよ

  • I

    ありがとうございました。ちなみにAさんは何かありますか?

  • A

    じゃあ俺はレッドから推奨馬を

  • I

    お願いします

  • A

    まずは宮田厩舎のレッドフェルマータ(牡・ドゥラメンテ×ジョリージョコンド)。俺の4年前のドラ1シークレットアイズの半弟

  • I

    ……推奨の根拠は?

  • A

    最初は見た時は『ストライドの大きい馬だな』程度にしか思ってなかったけど、最近見たらいつの間にか大きくなってて、かなり柔らかい走りをするようになってた。あとはドゥラメンテ産駒らしい狂気が出てくればって感じかな。もう少し煩くなってくれると将来が楽しみ

  • I

    他には?

  • A

    同じくドゥラメンテ産駒で中内田厩舎のレッドアウェイク(牡・ドゥラメンテ×ティズウインディ)。これはレッドフェルマータと違って狂気がすでに滲み出ている点が好感。14-13も楽にこなしているし、ゴールデンウィーク明けの入厩も予定されているほど順調

  • I

    中内田厩舎+早期デビューとなると人気になりそうですね

  • A

    育成がノーザンファームじゃない(吉澤ステーブル)のでそこまで過熱することはないと思うけど。ただ、調教の動きなんか見ちゃうと普通に目には留まっちゃうよね

  • I

    ありがとうございます。引き続き

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。