horse
horse

POG放談

POG Commentary

本当に重宝するのは…

最終更新日: 2023/05/12
  • I

    先週は放談関連馬が大活躍しましたね。橘Sのワンツーフィニッシュ(1着ルガル、2着テラステラ)を始め、京都新聞杯のツースリーフォー(2着ダノントルネード、3着リビアングラス、4着マキシ)やNHKマイルC4着(ダノンタッチダウン)などがありました

  • A

    橘Sはともかく、肝心の重賞で勝ち切れないってところはいかにも放談関連馬っぽいな。でもよくみんな頑張っていると思うよ。この世代に関しては一喜一憂の多い充実した世代だったと思う。楽しかったよ

  • O

    なあ、俺がまったく絡めない話題なんだけど、いじめなの?

  • I

    事実を述べただけです

  • O

    チッ

  • I

    まだオークス&ダービーが残っているので終わっていませんけどね。そもそも社内POGは菊花賞ルールですし

  • A

    しかし来週末には社内ドラフトのリスト提出期限だ。そろそろ本格的に2歳馬と向き合っていかないといけない

  • I

    そうですね

  • O

    俺はとっくに出したけど、キミたちまだなの?

  • I

    はいはい

  • A

    そんなわけで今週はさっさと2歳馬トークを始めようか。3歳戦には大して注目どころも無いと思うので

  • I

    いいんですか? 放談関連馬も結構出走するみたいですけど?

  • A

    まあもうクラシックには関係ないので

  • I

    わかりました。それでは2歳馬トークを始めていきたいと思いますが、先ほどAさんが言ったように、社内POGのリスト提出期限が間近に迫っております。その関係で今週のお題は“読者から頂いたメールを中心としたフリートーク”でよろしいでしょうか?

  • A

    毎年恒例のね。OKです

  • I

    それではじゃんじゃん紹介していきます。まずはこちら『今年から日刊競馬POGに参加させて頂きました。初めてでわからないことだらけですが、POGに役に立つ資料・雑誌・サイトなどありましたら教えていただきたいと思います』

  • A

    毎年これ系の質問って多いよね

  • I

    そうですね。『色んなPOG本が出ていますが、どれが一番良いですか?』って質問もたくさんきていますね(笑)

  • A

    POG本に関してはぶっちゃけどこも大差ないので個人の好みで選べばいいと思う。ただ、俺が最初の質問に答えるなら、本当に重宝するのは“グリーンチャンネルの2歳馬情報”と“JRAレーシングビュアーの2歳馬調教”だけかな

  • I

    同感ですね

  • A

    正直な話、POG本に2000円とか払うならこの時期だけでもJRAレーシングビュアーとかに加入して2歳馬のネタを見た方が経済的にも効率的にもいいんじゃないかと。で、その2歳馬情報に出てきた馬の中から指名馬を決める。で、気になった馬の近況などはnetkeibaさんのデータベースなどで調べる。多分それだけである程度は勝ち組になれる

  • I

    それも同感ですね

  • O

    でも一番はPOG放談だろ?

  • I

    それは同感ではないですね

  • A

    POG放談でも極秘リストみたいなのを作ってコンビニプリントとかで売ろうかね?

  • I

    そんなの需要がありませんよ

  • A

    え? そうなの?

  • I

    続いて『新種牡馬ブリックスアンドモルタルに注目しています。先週のPOG放談でOさんが色々と解説してくれましたが、他にもオススメの産駒などいましたら教えていただければと思います』

  • O

    音無厩舎のイーグルノワール(牡・ブリックスアンドモルタル×アルティマブラッド)

  • I

    それは先週も聞きました

  • O

    あとは中内田厩舎のマテンロウディアナ(牝・ブリックスアンドモルタル×ブルックデイル)かなあ。この手の血統が芝で走るとすれば牝馬だろうし、この馬は体が薄くてパワー系っぽくはない

  • I

    ありがとうございます。Aさんは?

  • A

    2頭ほど気になった馬がいる。1頭は友道厩舎のカルデア(牡・ブリックスアンドモルタル×サラフィナ)。もう1頭は厩舎未定のアスクカムオンモア(牡・ブリックスアンドモルタル×マキシマムドパリ)

  • I

    詳しくお願いします

  • A

    中距離が主戦場だったサラフィナだけど、産駒はどうも短距離志向が強いような気がするんだよね。これまではディープインパクトとか付けて中距離を使っていくみたいな感じだったけど、父ブリックスアンドモルタルなら最初から短距離~マイル辺りで勝負してくるんじゃないかと。要するに待望の短距離種牡馬で持ち味全開みたいな、ね

  • I

    後者は?

  • A

    半兄が俺の今年のドラ4ライツオブキングス。社台TC所属の兄を指名していて、馬主が翌年アスクになったらスルー(予定)ってのはセブンフォールド指名→アスクビクターモアスルーと同じ激アツパターン

  • I

    ……ちなみに同様の質問で、スワーヴリチャードのオススメ、レイデオロのオススメを教えてくれというのもきています

  • A

    スワーヴリチャードは全くノンタッチなのでパス

  • O

    俺も父スワーヴリチャードという時点でスルーしてるから調べてもいないんだよなあ(苦笑)

  • I

    仮にもプロなのに『ノンタッチ』とか『スルー』とかやめてもらえますか?

  • A

    でもさ、社内でもブリックスアンドモルタルやレイデオロ産駒に関してはバシバシ話題になっているけど、対照的にスワーヴリチャードやニューイヤーズデイ産駒に関しては全く話題に上がらないよね

  • I

    確かに

  • A

    で、レイデオロ。今のところ1頭もリストアップしてないけど、気になっているのは松下厩舎のショウナンハウル(牡・レイデオロ×リンフォルツァンド)。リッスン血統だけど、代を経ればアスコルティ一族のように比較的早熟性が出るみたい。この馬も4月に入厩してすでにゲート試験にも合格済。セレクトセールで2億近くの値が付いたように、見てくれも文句なし

  • I

    Oさんは?

  • O

    先週言えないって言っただろーが

  • I

    はいはい。続いてこちら。『今年もベストグッドルッキングホースを教えてください』

  • A

    おっ、ようやくきたきた

  • I

    いつもの人からですけどね(苦笑)

  • A

    ちなみに去年のベストグッドルッキングホースは…

  • I

    Aさんがライツオブキングス、Oさんがエゾダイモンです

  • A

    ……どっちも勝ち上がってるだけマシか

  • I

    期待値を考えれば微妙ですけどね。特にエゾダイモンに関しては

  • O

    うるせーバーカ

  • I

    はいはい。そんなわけで今年のベストグッドルッキングホースをさっさと紹介してください

  • O

    矢作厩舎のジーティーパワー(牡・Frankel×コールバック)。栗毛のデカイ馬は大好きだ

  • I

    Aさんは?

  • A

    野中厩舎のソングライター(牡・パイロ×ギフトオブソング)。こんなに見てくれのいいパイロ産駒を俺は見たことがない。まあ語れるほど多くのパイロ産駒を見てきたわけじゃないが

  • I

    続いては…

  • A

    ちょっと短いけど、今週はこの辺でよろしいのではないか?

  • I

    まだ全然メールを紹介しきってないですけど…

  • A

    ベストグッドルッキングホースの質問に答えちゃったからね。あれはオチ的なポジションにある質問なんで

  • I

    よくわかりませんがまあいいでしょう。引き続き日刊競馬POG2023-2024では参加者を募集しておりますのでよろしくお願いします

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。