horse
horse

POG放談

POG Commentary

グレイトフルペイン

最終更新日: 2023/06/09
  • I

    先週から2歳新馬戦がスタートしたわけですが、柄にもなくOさんが開幕週デビューで新馬Vを決めてしまいました

  • O

    トーセンパワフルとかジャミールフエルテとか、開幕週にけっこう勝ってるけど?

  • A

    その2頭だけですけどね

  • O

    ただし、声を大にして言いたいのは開幕週勝利を狙ったわけじゃないってことだ

  • I

    は?

  • O

    俺がリストを提出した時点では『3回東京の前半にデビュー予定』っていう程度だったからな。それがドラフト後に1週目デビューが発表されて、そのせいでミーハー値が上がっちゃって…

  • I

    よく分かりませんが、そろそろバスターコールの話をしてくれませんか?

  • O

    折り合いガーとかラスト何メートルがぁ~とか言ってる人には評判は良くない勝ち方だろうね。でも俺は最初から距離はもたないと思ってるから問題ない。とりあえず京王杯2歳Sを勝てれば万事OK

  • I

    はいはい。それでは今週も2歳戦の展望を始めましょう。まずは土曜東京から。5Rは芝1600mの新馬戦です

  • O

    本命はゴンバデカーブース(牡・ブリックスアンドモルタル×アッフィラート)。ブリックスアンドモルタルが芝でバンバン勝つのは2歳の初期ぐらいだろうけど、今はまだ狙い目

  • I

    これは異論なしですね。堀厩舎がこの時期に新馬を使うというのはそういうことですから

  • A

    ん? どういうこと?

  • I

    若さは残る現状も、この時期の新馬としては及第点以上のデキと能力。初戦から勝ち負けの期待

  • A

    俺はエリカエスティーム(牝・モーリス×メチャコルタ)。モーリス産駒らしい迫力のある好馬体。まだ仕上げてない感じだけど、現時点でもここを勝ち負けできる仕上がりにあるはず。父がモーリスじゃなかったら指名したかったぐらいの好素質馬

  • I

    続いて阪神いきます。5Rは芝1600mの新馬戦です

  • O

    本命はナムラエイハブ(牡・リアルスティール×ナムラアン)。多くの馬が瞬発力を発揮できない2歳初期にはリアルスティールは強いよね。土曜は道悪っぽいし

  • I

    ここは少し難解ですが、CWで入念に乗り込まれているフェンダー(牡・モーリス×プリンセスロック)に期待しました。これも若さが残る現状ですが、動きは追うごとに良化中。この相手なら上位争いも可能

  • A

    ヒヒーン(牝・ジャスタウェイ×イイナヅケ)は馬名がアレだけど、全兄は2歳時に勝ち上がってるし、須貝厩舎×大和屋暁のジャスタウェイタッグとバックボーンはしっかり。調教の動きもボチボチだし、案外侮れないはず

  • I

    土曜最後は函館。5Rは芝1000mの新馬戦です

  • O

    本命はスカイキャンバス(牝・ファインニードル×アポロフィオリーナ)。とりあえず速そう

  • A

    俺はドランクマン(牡・シルバーステート×グロリエッテ)。シルバーステート×(母父)アドマイヤムーンなら函館の短距離新馬はボチボチ合いそう

  • I

    では日曜いきましょうか。まずは東京からですね。5Rは芝1800mの新馬戦。Tさんのドラ1ダノンエアズロック(牡・モーリス×モシーン)が出走します

  • A

    開幕週から2週連続で放談メンバーのドラ1が登場だ

  • I

    3歳世代で負けすぎた輩は勝利を渇望しちゃうんでしょうね

  • O

    あ?

  • I

    ???

  • O

    本命はサンライズジパング(牡・キズナ×サイマー)。根拠は関西馬。音無厩舎で坂路ラスト12秒0ってかなりレアでしょう

  • I

    異論なしですね。しかも2週連発の坂路51秒1-12秒0。レアオブレアです

  • A

    俺はダノンエアズロックが一応の本命だけど、穴っぽいところではツキガキレイデスネ(牝・グレーターロンドン×キタノリツメイ)。グレーターロンドンの初戦駆け。スピードあり。気性も前向き

  • I

    続いて阪神いきます。5Rは芝1200mの新馬戦

  • O

    本命はヤマニンアラクリア(牡・ラブリーデイ×コンゴウプリンセス)。根拠は坂路50秒6

  • I

    僕はミルテンベルク(牡・モーリス×ペルレンケッテ)ですね。坂路&CW併用の調整で仕上がりは万全

  • A

    うん。その2頭でほぼ大丈夫かな

  • I

    最後は函館です。5Rは芝1200mの新馬戦

  • O

    ロータスワンド(牝・ロードカナロア×ルシュクル)。ルシュクルの仔がデビューすると函館が始まったって感じるよね

  • I

    本命ですか?

  • O

    素直に本命。兄姉は函館でデビューすれば1、1、2着。母も函館の新馬1着。しかも父がロードカナロアだし、1200mの新馬で走らなくてどうすんのって感じ

  • A

    俺はグレイトフルペイン(牝・ダイワメジャー×タピルージュ)を本命にした。この馬は…

  • I

    あ、グレイトフルペインと言えば、Oさんにグレイトフルペインなお知らせがあります。Oさんのドラ…

  • A

    Iくん、今はその話はやめておこう

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。