horse
horse

POG放談

POG Commentary

6年ぶりの七夕放談

最終更新日: 2023/07/07
  • I

    今日は7月7日。6年ぶりの七夕放談となりますね

  • A

    そう。だから俺が何を言いたいかわかるよね?

  • I

    『こんな事やってる場合じゃない。早くホールに出撃しなきゃだからさっさと放談を終わらせてくれ』でしょ?

  • A

    お見事。さすがに6年も経つと人って成長するもんだな

  • I

    6年前と同じ事を言ってるAさんはまったく成長してないんですね

  • A

    いや、6年前とは全然状況が違うぞ。あの頃はガセイベに騙されても笑って済まされる時代だった。でもコロナでホールの倒産ラッシュとなった今は違う。弱肉強食傾向がより強まり、7月7日に設定を入れないようなホールはユーザーから淘汰され…

  • I

    すいません。アツく語るのはいいですけど、今日は早く帰りたいんですよね?

  • A

    帰りたいです。なのでサクサク進行してください

  • I

    ……それでは先週出走した放談関連馬の回顧からいきましょうか

  • A

    と言っても先週出走したのはOさんの指名馬だけだね

  • I

    はい。まずは土曜福島の新馬戦(ダート1150m)に出走したOさんのドラ6アムンラー。こちらは残念ながら7着(9番人気)に敗れました

  • O

    どう見ても芝馬です。本当にありがとうございました

  • I

    って言ってますけど、どうですかAさん?

  • A

    ダートに入ったところで失速した感じはそうなのかもしれないけど、これ、『令和のタイキシャトル』(放談O)なんでしょ? じゃあ芝・ダートうんぬん言っちゃいけないよね

  • I

    ありがとうございます。続いて日曜福島の新馬戦(芝1800m)。こちらにはOさんのドラ5レイデラルースが出走しましたが、これまた残念ながら12着(1番人気)に惨敗しました

  • O

    どう見ても成長途上でデビューを急ぎすぎです。本当にありがとうございました

  • I

    って言ってますけど、どうですかAさん?

  • A

    俺はNOレイデオロ派だったので特に何も。まあセレクトセールの関係で仕方ないけど、全体的に夏デビューはどうなの?って馬ばっかりだよね

  • I

    それでは2歳戦の展望を始めましょう。まずは土曜福島から。5Rは芝1800mの新馬戦です

  • O

    本命はエコロヴァルツ(牡・ブラックタイド×プティプランセス)。根拠は初戦駆けブラックタイド

  • I

    ここはルシフェル(牝・ハーツクライ×アルアリングスター)に期待します。っていうかこの馬、マジで走ると思いますよ

  • A

    へー、そうなんだ

  • I

    その理由はただ1つ。僕がオークス候補と判断して出資を申し込んだ馬だからです

  • A

    で、どうだったの?

  • I

    落選しました

  • A

    なるほど。確かにアチチだ

  • I

    ………

  • A

    ちなみに俺の本命もエコロヴァルツで。根拠はもちろん関西馬+ブラックタイドの初戦駆け

  • I

    続いて6Rは芝1200mの新馬戦

  • O

    本命はラストクリスマス(牝・リオンディーズ×カーヴィシャス)。根拠は福島のラフィアン

  • I

    これは異論なし。新馬戦好調の西園厩舎。父も初戦駆けリオンディーズ

  • A

    “クリスマス”って時期じゃないからなあ。俺はセイウンティーダ(牝・グレーターロンドン×セイウンメテオ)から勝負かな。根拠は初戦駆けグレーターロンドン

  • I

    次は中京。5Rは芝1400mの新馬戦

  • O

    本命はピストンボーイ(牡・イスラボニータ×エルフィンコーブ)。根拠は消去法

  • I

    これも異論なし。攻め量十分で仕上がり◎。イスラボニータは現2歳、1歳とかなり質の良い産駒が多いと噂を聞きました

  • A

    俺もピストンボーイ。何より馬名が良き

  • I

    土曜ラストは函館。5Rは芝1200mの新馬戦

  • O

    本命はサトミノキラリ(牝・ビッグアーサー×パレード)。1200m出走のビッグアーサー産駒がそこそこ動いていれば大丈夫でしょう

  • I

    ここはピコサン(牡・モーリス×シーイズチャンプ)です。好調モーリス産駒と佐々木大騎手。調教内容も◎

  • A

    人気ないけどシュクハイノヨカン(牝・リーチザクラウン×スープミント)。初戦駆けリーチザクラウン+ちょっと小さいけどこれだけ動いていれば

  • I

    では日曜いきましょう。まずは福島。5Rは芝2000mの新馬戦です

  • O

    本命はウインアクトゥール(牡・ゴールドアクター×ポートドラルーン)。福島はノーザンファームよりビッグレッドファーム系

  • I

    ここは関西馬2頭を中心視。中でもヘルモーズ(牡・モーリス×ヴェルザンディ)がいいですね。直前は格上古馬に併入となかなかの動きを見せました。

  • A

    俺はアニマシオン(牡・ルーラーシップ×アニマトゥール)。ちょっと気ムラな面はあるけど、調教自体はボチボチ動けている

  • I

    続いて6Rは芝1200mの新馬戦です

  • O

    本命はガラクシア(牝・ディープブリランテ×ハーランズルビー)。他にまともな調教の馬がいない

  • I

    これは異論なしです。稽古は上々。条件も上々。厩舎も絶好調

  • A

    異論なし。根拠もOさんと同じ

  • I

    次は中京。5Rは芝2000mの新馬戦

  • O

    怪しい評判馬が多くて難儀だけど、ミカエルパシャ(牡・エピファネイア×ピースオブラヴ)。まあまあ好調教

  • I

    怪しい評判馬はバッサリ切って、ここはネバーモア(牝・キズナ×エンブレイス)を本命にしました。調教だけなら最上位ですからね。他に人気を持ってかれる分、配当妙味も十分です

  • A

    Iが珍しく冴えてるね。ネバーモアは俺の指名リスト15位の馬。この馬は走ると思うよ。高額馬軍団にも素質は全然劣らない

  • I

    6Rも新馬戦がありますね。芝1600m、牝馬限定戦です

  • O

    ウインディオーネ(牝・シルバーステート×ウインアルテミス)かな。根拠は初戦駆けシルバーステート

  • I

    異論なし。根拠も同じ

  • A

    同じく

  • I

    ラストは函館。5Rは芝1800mの新馬戦

  • O

    本命はヴィヴァクラウン(牡・サトノクラウン×セトノフラッパー)。意外に初戦駆けするサトノクラウン

  • I

    ここはレガレイラ(牝・スワーヴリチャード×ロカ)が本命です。っていうかこの馬、マジで走ると思いますよ

  • A

    へー、そうなんだ

  • I

    その理由はただ1つ。僕がオークス候補と判断して出資を申し込んだ馬だからです

  • A

    で、どうだったの?

  • I

    落選しました

  • A

    落選ばっかりだな(苦笑)

  • I

    ………

  • A

    ちなみに俺の本命はソウルプラウド(牡・ディープブリランテ×ヴァルキリー)。ディープブリランテの初戦駆け。調教の動きからかなりの素質馬とみた

  • I

    展望は以上ですね。僕も所用があるので今日はこの辺でドロンさせていただきます

  • A

    所用?

  • I

    今日は七夕ですからね。彦星になって織姫に会いに行かないといけないのです

  • A

    ……っていう設定の店に行くの?

  • I

    そうです

  • A

    ……行ってらっしゃい

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。