horse
horse

POG放談

POG Commentary

○○のお供に

最終更新日: 2023/08/04
  • I

    8月に入りました。今週も元気よく放談していこうと思いますが、Aさんの嗅覚障害は少しは改善されたんですか?

  • A

    モノによってはまだ感じないのもあるけどね。とりあえずウ●コの臭いはわかるようになったから少しはマシになったと思う

  • I

    下品な発言は慎んでくださいね。食事中にPOG放談を読んでいる読者もいるかもしれませんし

  • A

    でもPOG放談って“排便時のお供に暇つぶしとして読むコラム”がコンセプトじゃなかったっけ?

  • I

    ……以前はそんなことも言ってましたね

  • A

    ならノープロブレムでしょ

  • I

    全然ノープロブレムじゃないですが、時間もスペースも限られているので、そろそろ2歳戦の展望を始めたいと思います。まずは土曜の…

  • A

    先週出走した放談関連馬の回顧は? Iは2頭出し(ホウオウプロサンゲ、クリフハンガー)だったよね?

  • I

    先週の放談でも言いましたが、ともに奥手の血統が故、今回は完成度の差で負けただけ。あえて触れるまでもないでしょう。大人しく完成の時を待つだけです

  • A

    ああ、そうなの

  • I

    はい。じゃあまずは土曜の新潟から。5Rは芝1800mの新馬戦です

  • A

    先週の1800とえらい違いだね。先週はノーザンファーム4頭が出走してワンツスリーフォーフィニッシュ。なのに今週は0。Iのホウオウも今週出てればもうちょっと頑張れたかもしれないのに

  • I

    はいはい

  • O

    ノーザンファーム産はいないけどノーザンファーム育成はいるじゃん。ということでファーヴェント(牡・ハーツクライ×トータルヒート)本命

  • I

    異論なしですね。半兄キャンデセントも新潟で新馬勝ち。ここは相手にも恵まれました

  • A

    同じく異論なしかな。他に目立つのもいないしね

  • I

    続いて6Rは芝1600mの新馬戦。牝馬限定戦ですね

  • O

    本命はサフィラ(牝・ハーツクライ×サロミナ)。サロミナの仔は牝馬なら新馬3戦3勝、牡馬だと3戦1勝

  • I

    これは異論なしです。根拠も大体同じ。ここは相手にも恵まれましたね

  • A

    こっちはノーザンファームが4頭いるのか。まあその中の対決って感じもするけど、やっぱりサフィラが普通に有力だよね。つまらんけど

  • I

    続いて札幌。5Rは芝1200mの新馬戦です

  • O

    本命はアルーリングソレル(牝・ブリックスアンドモルタル×アルーリングハート)。いかにも初戦駆け

  • A

    ズバットマサムネ(牡・キンシャサノキセキ×ビバリーヒルズ)かな。関西馬+キンシャサノキセキ+調教◎

  • I

    では日曜いきます。まずは新潟。5Rは芝1600mの新馬戦です

  • O

    ブリックバーン(牡・ブリックスアンドモルタル×クィーンズバーン)かな。いかにも初戦向き。初戦向きすぎて新潟1600mでかかりぎみに行っちゃうと危ないけど

  • I

    注目はローザサンリヴァル(牡・ルーラーシップ×ローザブランカ)でしょう。半姉スタニングローズは昨年の秋華賞勝ち馬。この父だけに本格化はまだ先の印象ですが、現時点でも素質の片鱗をビッシビシ感じます。まずはどんなレースができるか注目

  • A

    距離こなせればブリックバーンだと思うけど、ナファロア(牡・イスラボニータ×ナレラ)もちょっと買ってみようかな。連日併せ馬を消化して仕上がりはかなり

  • I

    6Rはダート1800mの新馬戦です

  • O

    本命はアリエスキング(牡・シニスターミニスター×ピシーズクイーン)。ビシバシ追っていてもラストはかかっている追い切りはシニスターがダートの新馬で走るサイン

  • I

    特に異論はありませんが、同じシニスターミニスター産駒のオーシンハーフ(牡・シニスターミニスター×ツインキャンドル)なんかも要注意ですね。時計ひと息もパワーは十分に感じます

  • A

    アリエスキングは母父アグネスデジタルってのも良き。本命かな

  • I

    最後は札幌5Rの新馬戦(芝1800m)。ここは注目ですね。Tさんのドラ3コルレオニス(牡・レイデオロ×ヒストリックスター)とYくんのドラ6ミスマテンロウ(牝・Into Mischief×ミスパンテール)が激突します

  • O

    本命はガイアメンテ(牡・ドゥラメンテ×ミュージカルロマンス)。芝1800mの新馬で走りそうな馬が他にいない

  • I

    話聞いてました? Tさんのドラ3とYくんのドラ6の対決ですよ?

  • O

    だから『芝1800mの新馬で走りそうな馬が他にいない』って言ってんじゃん

  • I

    ……Aさんは?

  • A

    放談関連馬は応援したいけど、ここはガイアメンテで仕方なしって感じかな

  • I

    やっぱり“NO レイデオロ”派のAさんにとってコルレオニスはナイナイですか?

  • A

    いや、実はレイデオロが洋芝の中距離に出てくるのは初めてだからちょっと注目はしている。ここまでの好走馬(マテンロウゴールド、ラケダイモーン、ショウナンハウル)を見ても、レイデオロ=かったるい中距離馬ってイメージで現状は問題ないはずなので

  • I

    ミスマテンロウについては?

  • A

    芝1500mデビューのイメージだったけど、1800mってのはちょっと違うかなあ。調教を見た先輩も『やばいぜ!!』って言ってたし

  • I

    やばいというのは良い意味で? それとも悪い意味で?

  • A

    悪い意味で

  • I

    そうですか。まあここはガイアメンテで何でもないと思いますからね。今週の展望はこんな感じで終了でいいでしょうか

  • A

    はい。オッケーです。まだ嗅覚完全復活ではないので

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。