horse
horse

POG放談

POG Commentary

さすがに悲しい

最終更新日: 2023/08/25
  • I

    8月も間もなく終わりになりますが、今週も元気よく放談していきましょう

  • A

    はい。よろしくお願いします

  • I

    まずは先週出走した放談関連馬の回顧からいきましょうか

  • A

    土曜札幌の未勝利戦(芝1800m)に出走したIのドラ5クリフハンガーはひどかったね。堀厩舎×ダーレーって狙いどころは悪くないと思うけど、デビューから2戦して12着、11着はさすがに悲しい

  • I

    全然大丈夫です。もともと二刀流を期待して指名した馬。まだダート路線という選択肢もありますし

  • A

    そうですか

  • I

    あとは日曜新潟の未勝利戦(芝1800m)に出走したOさんのドラ5レイデラルースですね。こちらは5番人気で大健闘の3着好走

  • O

    なんかバカにされてる感じなんだけど

  • I

    そんなことありません

  • O

    ジェーンビットでまあまあ真っすぐ走れるようになってたけど、まあジリっぽいね。勝ち上がることだけ考えたら、とりあえずダートへどうぞ

  • I

    それでは2歳戦の展望を始めましょうか。まずは土曜新潟から。5Rは芝1800mの新馬戦

  • O

    サーマヴェータ(牝・ドレフォン×シャクンタラー)。根拠は消去法。本当はドレフォン産駒を芝の新馬戦で買いたくないけど

  • I

    ここはピークブルーム(牝・エピファネイア×ピエノフィオレ)に期待します。先週大物候補が誕生したエピファネイア産駒ですが、これもかなり期待できそうな1頭。調教で見せた加速力は素質をビンビン感じるものでした

  • A

    先週の大物候補ってジュンゴールドのこと?

  • I

    そうです

  • A

    あれはTさんも珍しく絶賛してたな。今年の卓上カレンダーに掲載するかもって

  • I

    Aさんは?

  • A

    頼みのノーザン2頭がレイデオロ(産駒)と抽選漏れ馬だからね。俺も2人が言った2頭でいいと思うよ。穴なら今期好調・西山さんのニシノジーク(牡・リーチザクラウン×エテ)かな。新潟の新馬と言えばリーチザクラウン

  • I

    続いて6Rは芝1600mの新馬戦。牝馬限定戦です

  • O

    本命はフルレゾン(牝・オルフェーヴル×カイカヨソウ)。根拠は関西馬だけど、今週の新潟の新馬って関西馬はこの馬だけなんだよね

  • I

    それは珍しいですね

  • O

    今週は上級条件に関西馬が多くて馬房が当たりにくいからね。それを見越して新潟2歳Sにも登録していたのはファインプレー。そこまでして凡走したら遺憾でしょ

  • I

    これは異論なし。近年はダートに活躍馬の多いオルフェーヴル産駒ですが、この馬は軽い走りで芝にも対応可能と思われます。気性面で変なところが出なければ

  • A

    ここも西山さん、ニシノリピート(牝・マインドユアビスケッツ×ニシノラピート)で十分勝負になりそう。馬なり中心の調整だけどスピード感は十分

  • I

    続いて小倉。5Rは芝2000mの新馬戦です

  • O

    本命はメリオーレム(牡・シュヴァルグラン×メリオーラ)。最近の友道厩舎では珍しい直前坂路がどう出るかだけど、1週前のウッドも直前の坂路もよく動いている

  • I

    ここはパフ(牡・レイデオロ×アンジュエ)に期待します。豊富な攻め量で、最終追い切りでは坂路51秒4の時計をマークしました。仕上がりは万全です

  • A

    ここもちょっと穴狙いで、本命はメイショウゴーフル(牝・ブラックタイド×メイショウエクレール)。根拠はもちろんブラックタイドの初戦駆け

  • I

    9Rはひまわり賞。芝1200mです

  • O

    たまにはIが先に語れよ

  • I

    僕はテイエムチュララン(牝・リアルインパクト×テイエムチュラサン)が本命です。初戦の内容が優秀。アイタカの勝ち時計(1分10秒1)には及びませんが、あちらは51キロでのもので今回は同斤量。勝機です

  • O

    本命テイエムチュラランに異論はないけど、タイムに関して補足しとくよ。新馬は物見しっぱなしだから遅いのは仕方ない。今回はリングハミに換えるみたいだから、それでまともに走れば1秒は詰められる

  • A

    すいません、俺はパスでお願いします

  • I

    土曜最後は札幌。5Rはダート1700mの新馬戦です

  • O

    本命はポルポラジール(牡・シニスターミニスター×タオヤメ)。ウッド調教でワンペースなのはシニスターだから当然。函館ウッドでこのタイムが出てれば問題ない

  • I

    これは異論なし。根拠も異論なし

  • A

    まあ異論なしかな。あとは人気のサンダーユニバンス(牡・ドレフォン×ラテラス)あたりも当然有力

  • I

    それでは日曜いきましょう。新潟には重賞がありますので、先に小倉からいきますか?

  • A

    OKです

  • I

    それではまず小倉から。5Rは芝1200mの新馬戦です

  • O

    好調教馬がいなくて難しいけどサンウリエル(牡・ディーマジェスティ×ピントゥハティ)で。坂路51秒台があるので

  • I

    僕はプロトアステール(牝・キンシャサノキセキ×ターシャズスター)を本命にしました。兄にデビュー2連勝のコンシリエーレがいる血統。父キンシャサノキセキなら芝でも

  • A

    プロトアステールは今の時期なら芝OKだろうね。まあここでダメでもダート変わりで狙いって感じ

  • I

    続いて札幌。5Rは芝1800mの新馬戦

  • O

    ヴァルドルチャ(牡・スワーヴリチャード×ドメニカ)かなあ。根拠は消去法

  • I

    これは異論なし。芝向きの軽快なフットワークですね。距離も合いそう

  • A

    あとはドゥレイクパセージ(牡・ドゥラメンテ×ソブラドラインク)か。ここは一騎打ちムードだね

  • I

    ラストは新潟。まずは5Rですね。芝1600mの新馬戦です

  • O

    本命はジャンバラヤ(牡・シルバーステート×スモモチャン)。根拠はシルバーステート

  • I

    僕はランポレッキオ(牝・モーリス×ヴィアメディチ)にしました。アドマイヤマーズの妹という良血。この舞台はピッタリでしょう

  • A

    俺もここはジャンバラヤかな

  • I

    続いて6Rはダート1200mの新馬戦

  • O

    クインズポラリス(牝・シニスターミニスター×アルヴェナ)。根拠は毎度おなじみシニスターミニスター。シニスターにしては切れのある動きをしているのが逆に気になるけど

  • I

    僕はクオレス(牝・ベーカバド×コウギョウデジタル)。父は芝・ダート兼用ですが、短距離が合っていますね

  • A

    まあベーカバドの期待値は芝の方が高いような気がするけどね。ボチボチ異論なし

  • I

    そして11Rが新潟2歳Sです

  • O

    アスコリピチェーノで。新潟2歳Sはイメージとしては1400mっぽい馬。実際に1400mで勝った馬は成績良くないんだけどさ

  • I

    僕もアスコリピチェーノですね。距離はマイルまでは守備範囲。初戦のラップを素直に信頼したいと思います

  • A

    俺もアスコリピチェーノ。でもクリーンエアの初戦もなかなか見どころあった。この2頭かな

  • I

    展望は以上ですね

  • A

    はい。今日もオチなしでさっさと帰りましょう

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。