horse
horse

POG放談

POG Commentary

続・俺はもうダメだ

最終更新日: 2023/09/29
  • A

    キングズレイン、菊花賞やめるってよ

  • I

    いきなり何ですか

  • A

    あれだけ早くから菊花賞候補と言われてたのに。賞金的にも何とか出れそうな感じだったのに

  • I

    まだAさんにはダノントルネードがいるからいいじゃないですか

  • A

    はあ…なんか競馬のハナシをするのも億劫だな。さっさと放談本編始めちゃってよ

  • I

    ……これからガッツリ競馬のハナシをするんですけど?

  • A

    はいはい

  • I

    じゃあまずは先週出走した放談関連馬の回顧から始めましょうか

  • A

    先週の出走はTさんだけ?

  • I

    ええ。POG放談では触れませんでしたが、日曜阪神の未勝利戦(ダート1400m)にTさんのドラ2アスロスが出走してました

  • A

    ……そこは触れてあげようよ。ドラ2なんだし

  • I

    で、ダート変わりで注目されたアスロスでしたが、結果は残念ながら2番人気で3着に敗退しました

  • A

    わかりやすくダートに入って行きっぷりが悪化してたね。このファミリーは堅実でもダートの活躍馬は出てないし、まあこの結果は想定内というか、全然頑張った方だと思うけど

  • O

    アムンラーの新馬戦と同じだったな。次は芝だろうから楽しみだ。そろそろ帰厩するみたいだし

  • I

    今はアスロスの話をしてるんですけど?

  • O

    でも、アスロスはレース後に管骨の骨折が判明したんだろ?

  • I

    そのようですね

  • I

    ???

  • A

    管骨ってダメなやつだよね?

  • I

    ええ。全治は9ヵ月だそうです

  • I

    ??? まあTさんの野戦病院モードは今に始まったことではないのでね。今さら騒ぐことではないでしょう

  • O

    すでに0戦0勝がいる俺に比べればマシだよ

  • I

    はいはい。まずは中山から。5Rは芝1600mの新馬戦

  • O

    本命はロンドンアームズ(牝・グレーターロンドン×エンブレマータ)。根拠は初戦駆けグレーターロンドン。伊坂厩舎は新馬で穴がけっこうあるし

  • I

    僕はルチェッタ(牝・リオンディーズ×サンドミエシュ)に期待します。初戦駆けリオンディーズ産駒。ここ2週で動きが変わってきた印象です

  • A

    俺はルージュラメンテ(牝・ドゥラメンテ×ディエンティ)かな。根拠は関西馬だけど、坂路で入念な乗り込み。芝の実戦でさらに動けそうな気配

  • I

    続いて6Rはダート1200mの新馬戦

  • O

    ヴェルトラウム(牡・ミッキーロケット×ヒルダ)かな。ミッキーロケットにダート1200mのイメージはないけど、母ヒルダなら向いてるんじゃないかな

  • I

    僕はエムティリラ(牝・モーニン×エムティティアラ)から。同格を一蹴した今週の動きが光りました。この条件向きのスピードがありますね

  • A

    ベイジーニョ(牝・リアルインパクト×ロッタラブ)は前向きな気性で新馬向き。もう1ハロン距離が欲しいところだけど、この相手なら

  • I

    9Rは芙蓉S。芝2000mです

  • O

    本命はティンク。根拠はレイデラルースに先着したこと

  • I

    は?

  • O

    ちなみに対抗はマイネルブリックスね。根拠はレイデラルースに先着したこと

  • I

    はいはい。僕はアクアヴァーナルを本命にしました。スタート後の不利を克服して快勝した前走内容◎。スタミナ豊富な血統でこの舞台も向いています

  • A

    俺はドゥレイクパセージ。初戦がほぼ調教レベルでここが試金石って感じだけど、一度使って大分スムーズに動けるようになってきた。後は体が極端に減らなければ

  • I

    次は阪神です。まずは3Rの未勝利戦(芝1800m)に注目でしょうか。直属の先輩のドラ4スカイハイが出走します

  • A

    サフィラ、ブラーヴイストワルとちょっと相手が厄介だね

  • I

    続いて4Rは芝1400mの新馬戦。Aさん待望の初陣ですね。ドラ3アウェイキング(牡・Kingman×Waldjagd)が出走します。キングズパレス、キングズレインに続く今年の“キング枠”ということで…

  • A

    おい、キングズレインの話をするんじゃねぇ

  • I

    ……すいません。で、アウェイキングについては?

  • O

    Aうぇ~いキングだからね。パリピにも程があるよ

  • I

    訳の分からない割り込み方はやめてください!!!

  • A

    アウェイキングは思った以上に前向きで思った以上に距離がもたなそう。現状距離は1200mがベストかもしれない。ここは初陣なんでもちろん勝ちたいけど、複勝圏内でも特別に許してみようと思う

  • I

    よくわかりませんが、Oさんは?

  • O

    本命はダノンマッキンリー(牡・モーリス×ホームカミングクイーン)。藤原英厩舎の短距離の新馬ってピンと来ないけど、CWでも坂路でもちゃんと動いてるから大丈夫ではないかと

  • I

    特に異論なしですね。Aさんのアウェイキングも悪くないと思いますが、ここはさすがにダノン×川田騎手に軍配が上がるかと

  • A

    あ、そうなの

  • I

    続いて5Rは芝1800mの新馬戦

  • O

    本命はエコテーラー(牝・スワーヴリチャード×ジョウノカーラ)。CWでラスト11秒台が3本。この組み合わせなら

  • I

    良血グラヴィス(牡・ハーツクライ×ラヴズオンリーミー)がこの時期にデビューできたのは大きいですね。初戦はどうかも、先々まで注目していきたいと思います

  • A

    ここは血統馬&評判馬が多いけど、実はそんなに動いてませんってのが多いからね。サイレント(牝・エピファネイア×リーチコンセンサス)辺りでお茶を濁してみる。この中では調教も動いている方

  • I

    続いて9Rはヤマボウシ賞。ダート1400mです

  • O

    サトノフェニックスは1200mの新馬で序盤は追い通し。でも直線で伸びたから1400mは合うはず

  • I

    ダートに戻るナスティウェザーも当然見直しが必要ですね。折り合えれば距離もOKでしょう

  • A

    ここはサトノフェニックスだ。ヘニーヒューズが1200→1400。買わない理由はない

  • I

    では日曜いきます。まずは中山。3Rは芝1200mの新馬戦

  • O

    本命はフィオライア(牝・ファインニードル×フルールシチー)。根拠は関東1200mの西園正厩舎。先週日曜は3着だったけど、マル外ワンツーだから仕方ない。マル外不在のここなら

  • I

    これは異論なしですね。根拠も同じ

  • A

    関東馬ならミックスアップ(牝・ファインニードル×ドリームキセキ)かね。小柄な牝馬+前向きな気性。初戦駆けの条件は揃っているので、坂を苦にしなければ

  • I

    続いて5Rは芝1800mの新馬戦

  • O

    リアレスト(牡・リアルスティール×クィーンズベスト)かな。初戦向きっぽい馬が少ない中山1800mでリアルスティールらしい一本調子の走りが吉と出るはず

  • I

    これも異論なしです。もう1頭のノーザンファーム(フライツァイト)が動きひと息な感じなので

  • A

    ライトニングゼウス(牡・ダンカーク×サクラナスカ)はこの条件っぽくない血統だけど、なかなか動きは良い感じでワンチャンあるかもしれない。いかにもアレな感じの馬名も良き

  • I

    8Rはサフラン賞。芝1600mです

  • O

    難しいけどララヴィエルジュ。中山1600mで勝ってるから計算できる

  • I

    僕はステレンボッシュ。6頭立ての新馬戦快勝で過信はできませんが、この舞台に向きそうなレースセンスは秘めています。この相手なら

  • A

    中山に変わってどうか?だけど、評判馬を完封したテリオスルルの初戦はなかなか見どころがあった。使った上積みも結構大きい

  • I

    次は日曜阪神。まずは3R。ダート1200mの新馬戦

  • O

    本命はシャカシャカシー(牡・ヘニーヒューズ×パワフルラリマー)。根拠はヘニーヒューズ

  • I

    僕はメイショウホウレン(牡・エスポワールシチー×キンゲショウ)から。栗東坂路で入念な乗り込み。馬なり中心でも最終追い切りでは上々の動きを披露しました

  • A

    メイショウホウレンは北海道市場で3740万円という値が付いたんだよね。Oさん本命のシャカシャカシー(北海道市場638万円)の実質6倍。これは負けられないでしょう

  • I

    最後は5Rの芝2000m新馬戦。Aさんのドラ6エロース(牡・ハーツクライ×キトゥンズクイーン)が出走します

  • A

    血統馬ながら、調整遅れがあってPOGメディアへの露出はほぼ0。こういう馬を指名して走ったら、俺って結構かっこいいよね?

  • I

    知りません

  • A

    まあこの時期にデビューできたことは嬉しい誤算ではあるけど、まだ『これは!!』といった凄みとかは正直感じない。しかし、兄トゥデイイズザデイ&ヴィヴァン。目を瞑っても一定以上は走ってくれるでしょう。こっからどんどん成長してくれれば

  • I

    よくわかりませんが、Oさんは?

  • O

    本命はガルデルクラージュ(牡・ルーラーシップ×ガルデルスリール)。CWでは上がり重点で全体の時計が遅いのはこの厩舎のいつものパターンだけど、珍しく坂路で速めの時計が出ていて能力は高いと思われる

  • I

    まあここはその2頭の一騎打ちムードでしょう。特に異論はありません

  • A

    じゃあ今週もそろそろこの辺で。いつも通りオチもなく速やかに

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。