horse
horse

POG放談

POG Commentary

バイバイドラゴンワールド

最終更新日: 2024/03/08
  • I

    先週のトライアル(チューリップ賞、弥生賞)は共に波乱気味でしたね。社内POG的にも平穏なものになりました

  • A

    ダノンエアズロックはともかく、今年の皐月賞馬だと思っていたトロヴァトーレにはガッカリしたな。多少掛かったことや渋馬場(発表は良)が影響したにせよ、いくらなんでも複勝圏まで外すとは思わなかった。こうなると『やっぱりレイデオロは…』となってしまうよね。残念無念

  • I

    Oさんはいかがでした?

  • O

    ダノンエアズロックに距離延長が良くないことぐらい事前に分かってたけど、トロヴァトーレがデビューからの2戦、慎重すぎるレース運びをしていた理由が分かっちゃったね

  • I

    と言いますと?

  • O

    外から前に入られて頭を上げ、シンエンペラーと接触して完全にエキサイト。ああいう馬だったんだね

  • I

    ちょっと何言ってるのかわからないので、そろそろ3歳戦の展望を始めたいと思います。まずは土曜の中山からですね

  • A

    1Rの未勝利戦(ダート1800m)に出走するエンセリオ。初ダートの前走は不利が重なって7着に終わったけど、見せ場も適性も十分にあったと思われる。距離延長で追走に余裕が出てくる&ダート2戦目で慣れも見込める。今度は侮れないよ、エンセリオ、マ・ジ・で

  • I

    ありがとうございます。続いて…

  • A

    おい、渾身のBUSHIネタをスルーするなよ、カブロン

  • I

    次は阪神ですかね。4Rの未勝利戦(芝2000m)ですが、Aさんのドラ2ダイヤモンドレインが出走します

  • A

    相変わらず気性面に注意しながらの調整だけど、『プール併用で明らかに状態は前走以上』と陣営談。良馬場でやれそうなのも◎

  • O

    またハナ切るなら展開も楽そうなんだよね

  • A

    ちゃんと走れば今度は勝ち負けまで期待してもいい。でも、そんなことより…

  • I

    そんなことより?

  • A

    このレースにパレハって馬が出走してて。エンセリオからパレハの流れはL・I・J推しにはたまらない1日となりそうだ

  • I

    ありがとうございます。続いて9Rはゆきやなぎ賞ですね。芝2400mです

  • O

    普通にハヤテノフクノスケ。距離が長いのがいいのかどうかは分からないけど、切れ味勝負になりそうもないメンバーなのはいい

  • A

    俺も当然ハヤテノフクノスケ。根拠はほぼOさんと一緒。ついでに言うと、新馬戦で負けた馬は今年のダービー…

  • I

    中京は何も無さそうなので日曜いきますか。まずは中山から。7Rの1勝クラス(芝1200m)にはYくんのドラ3キングズブレスが出走します

  • O

    Yくんが『土曜じゃなくて残念です』って言ってたぞ

  • I

    それは『自信がある』という意味でしょうか

  • O

    たぶんね。なんでそんなに自信があるのかわからんけど

  • I

    続いて11Rが桜花賞トライアルのアネモネS。芝1600mです

  • O

    エリカエスティームかな。中山での1勝目はすべてうまく運べたとはいえ好タイムで楽勝。その再現が可能なメンバーなので

  • A

    もろもろ異論なし

  • I

    続いて阪神は11Rですね。こちらにも桜花賞トライアルのフィリーズレビューがあります

  • O

    狙いはマーシーラン。阪神1400mの新馬戦1分22秒0は優秀

  • A

    俺はドナベティ。ファンタジーSでも本命にしたけど、ベストは1400mだと思われるので

  • I

    ラストは中京。10Rは昇竜Sがあります。ダート1400mです

  • O

    チカッパで。たぶん1400mがベスト

  • A

    アイアムユウシュンも1200mよりは1400mの方がいいと思うのだけど、どうだろうか?

  • I

    知りません。展望は以上ですね。最後に何か言い残した事はありますか?

  • A

    特に無いんだけど、Iくん今日は全然喋ってなくない?

  • I

    いや、ちょっと残念なお知らせがありましたので

  • A

    ああアレか。正直、事実だと思いたくないからあえて放談でも取り上げなかったけど。まあ何と言うか、本当に残念でならない。それしか言えないよね

  • I

    ……いや、さすがにそこまでじゃないっすよ(苦笑)

  • A

    え? そうなの?

  • I

    何か勘違いしてます? 僕が言ってるのはTさんのあの馬のことですけど

  • A

    あ、そっちか

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。