horse
horse

POG放談

POG Commentary

2024年一発目の動画公開

最終更新日: 2024/03/01
  • I

    大谷翔平選手の結婚発表で世間はお祝いムード一色となっています

  • A

    おめでとうございます。大谷選手って今29歳?

  • I

    そうですね

  • A

    何を隠そう俺もOさんも29歳の時に結婚してるんだよね。で、日刊競馬にパチスロ部ってのがあるんだけど、これの入部条件が“29歳で結婚した漢”。ということで大谷選手、ドジャース在籍のままでOKなんで、日刊競馬のパチスロ部に入部してみませんか?

  • I

    ……呆れてモノが言えないので、さっさと展望を始めたいと思います

  • A

    はい。土曜中山には何も無いので阪神からかな?

  • I

    ですね。まずは5Rの未勝利戦(芝1800m)が注目でしょうか。先輩のドラ2カズアブディーンとTさんのドラ4グランスカーレットが対決します

  • O

    カズには期待してるよ

  • I

    ありがとうございます。続いて11Rは桜花賞トライアルのチューリップ賞。芝1600mです

  • O

    普通にタガノエルピーダ。朝日杯FSは阪神JFよりレベルが低いとか言う手合いがいるみたいだけど、馬場もペースもまるで違うし、そもそも阪神JF組は7着馬しかいないんだから問題ない

  • I

    僕はミラビリスマジックを本命にしました。メンバー唯一のマイル2勝馬。阪神コースは初めてですが、中山マイルで結果を出しているだけに坂を苦にすることはないでしょう。兄姉も重賞級の活躍をしてますし、ここは無傷での重賞制覇を期待します

  • A

    権利取り(3着以内)という意味なら俺もタガノエルピーダ。放談Yくんも絶賛してたし、阪神JF出てたら勝ち負けだったって話もあるし

  • I

    続いて小倉。9Rにはあざみ賞がありますね。芝1200mです

  • O

    狙いはラストクリスマス。根拠は平坦のリオンディーズ

  • I

    僕はワールドシリーズを狙います。実戦2度目&初の1200mだった前走でレースぶり一変。あの内容、そして同舞台のここなら突破可能と判断しました

  • A

    俺はセイウンデセオ。1400mでも悪くない競馬してたけど、やっぱこの馬1200mでしょ。小倉2歳Sは残念だったけど、この相手ならワンチャンス

  • I

    それでは日曜いきましょう。中山にはアレがあるので、まずは阪神から。9Rはアルメリア賞。芝1800mです

  • O

    普通にギャンブルルーム。何しろ相手がアレだからねえ

  • I

    暴言は控えてください。ただ、本命に異論はありません

  • A

    ブラーヴイストワルは? 前走が案外だったけど、この相手+1800なら巻き返せない?

  • I

    知りません。小倉は何も無さそうなので中山いきましょう。11Rは皐月賞トライアルの弥生賞こと報知杯弥生賞ディープインパクト記念。Tさんのドラ1ダノンエアズロックが出走します

  • A

    ここ(POG放談)でしか聞けない極秘情報がある

  • I

    ……何ですか?

  • A

    『ディープインパクトは俺の元POG指名馬。つまりディープインパクト記念ってことは放談T記念ってことだろ? なら勝つのは俺のダノンエアズロックだろ』と某関係者情報

  • I

    ……クソほど役に立たない無駄話ですね

  • O

    俺も極秘情報をゲットしたぞ?

  • I

    ……どうせロクなもんじゃないでしょうけどね

  • O

    Yくんがその某関係者に言ってたんだよ。『ダノンエアズロック勝ちますよ』って

  • I

    それのどこが極秘情報なんですか!!

  • O

    そしたら某関係者が『よせよ、そういうフラグ立てるのは~』とか言ってたんだけど、顔は満面の笑み。ありゃ相当期待してるね

  • I

    よく分かりませんが本命はダノンエアズロックですか?

  • O

    まさか。どう考えてもトロヴァトーレでしょ

  • A

    ◎トロヴァトーレ○シンエンペラー▲ダノンエアズロックかな。トロヴァトーレは皐月賞を無敗で制覇。しかし、ダービーで俺のミスタ…

  • I

    展望は以上ですね。最後に何か伝えたいことはありますか?

  • A

    お待たせしました。2024年一発目のPOG関連の動画が公開されました。今月からバンバン2歳馬関連の動画を出していくので、お暇な時にご視聴願えればと思います

  • I

    ありがとうございます。それでは皆さんまた来週お会いしましょう。さようなら

  • profile

    放談A

    『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。シャフリヤールとの出会いをきっかけに『完全覚醒した』(本人談)のは事実だったようで、昨期も指名馬6頭中3頭(キングズレイン、ダノントルネード、ティニア)が期間内にオープン入りを果たした。『放談A史上最強のラインナップ』(本人談)と豪語する今期は待望のGI制覇も見えてくる?

  • profile

    放談I

    放談Aと共に“12月デビュー最強説”を未だに唱える時代錯誤の競馬人。昨期はドラ1(ダノンボレロ)が未出走ながら、フリームファクシ、ユティタム、リビアングラスらが活躍して2年連続の重賞勝ち&勝ち組となった。今期も『相思相愛の関係』(本人談)としている金子オーナーの所有馬を3頭指名し、常勝軍団を目指す。

  • profile

    放談O

    サトノアラジン産駒とチン名馬を並べた昨期は大方の予想通りに大惨敗。(ダービー)期間内未勝利の期待も高まったが、3月末にしれっと未勝利を2勝するなど空気の読めなささも健在だ。未勝利在籍期間が長かったせいか、今期は一転して開幕週デビュー予定のバスターコールを1位指名。また、8年ぶりとなる牝馬の指名も敢行。結果はともかく、放談Oは確実に変わろうとしている。

  • profile

    放談T

    菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王。昨期は放談Iに抽選勝ちしたドラ1プレドミナルが期間内未勝利に終わり、目立った活躍と言えばドラ5テラステラの万両賞1着程度。もはや触れるまでもない“ただの負け組”となっているが、今期は『馬質だけなら近年の中でもマシな方』と某有識者。大魔王復活なるか!?

  • profile

    放談X

    趣味は仕事放棄とパワハラ。産まれた時から『だぜ!!』が口癖の日刊競馬の癒し系担当。昨期はダノンタッチダウンやルガルが重賞戦線で活躍したものの、 前者は皐月賞シンガリ、後者は新馬戦シンガリと相変わらずのシンガリストっぷりを発揮した。『シンガリだっていいじゃないかケイバだもの』。シンガリから始まるストーリー、今期もその一点に注目だ。

  • profile

    放談Y

    リバティアイランド&ドゥラエレーデというGI馬2頭を擁し、POG放談に彗星のごとく現れた超絶勝ち組メンバー……となる予定だったが、日本ダービーではドゥラエレーデがスタート直後に落馬するアクシデント。加入して1年も経たずにPOG放談のピエロ毒に侵されてしまったようだ。再浮上か転落の一途か、今後の動向が気になるところ。